声優科

2012年 05月 17日

『授業レポート:専科特訓コースに通って得たもの』が追加されました。

専科特訓コースに通って得たもの


3月10日(土)、プロ専科の選考試験が行われました。
外部からの受験生は92名。そして専科特訓コースの20名が加わって総勢112名。
試験官は、東北新社外画制作演出部の伊達康将ディレクター・内池望博ディレクター 佐藤宏樹ディレクターの3名。
それぞれが3部屋に分かれて一人づつ試験を行うので、受験生にとっては、正に真剣勝負。特に一年間専科特訓でハードな訓練を受けてきた20名は、外部からの受験生より、緊張しているようでした。
その試験に見事合格した専科特訓コースの松本大督さんに、この一年間を振り返っていただきました。
専科特訓コースに興味がある方には、是非読んでいただきたい内容です。


【専科特訓コースで得たもの】


まず、1年前の僕は自分の実力がどの程度なのかも分かってない状態で、 ただ吹き替えの仕事がしたいという漠然とした想いだけで プロクラスのオーディションを受けました。
オーディション当日、沢山の、それもキャリア・実力ともに 確実に僕よりも上の方々ばかりで、本当に緊張したのを覚えています。 試験も、噛み噛みだったりアクセントを間違えたり、 散々なあげく、もちろん不合格でした。 結果発表のときに専科特訓コースの説明会を知って、 それこそ藁をもつかむ想いで説明会に参加しました。
そのとき、初めてじっくりと一の宮先生のお話を伺いました。
『来年プロクラスに入り、さらにそのプロクラスで活躍するためのクラス』
というお言葉と、先生の熱意に心を打たれ、入学を決めました。

最初の授業のときに、オーディションでのテストの点数を伺いました。 15点満点を取ってはじめて通るか通らないかのオーディションで、 恥ずかしながら、たったの8点でした。
こんなにもプロとしての実力が自分に無いんだなと、 今まで意図せず認めてこなかったことを目の前に突きつけられ、 正直、衝撃を受けました。 ですが、これが本当によかったと思います。 今の状態を受け入れたからこそ、基礎の基礎から改めて本気でやり直せたと思います。

専科特訓コースならではの特徴として、授業ごとに担当してくださった先生が 僕たち一人ひとりに対して、オーディションと同じ形式で 点数付けを行ってくださいます。 1年間を通して、点数が上がったり下がったり、人間・役者としての印象が 書かれていたり、自分の長所・短所を本当に客観的に知ることができたんです。
僕はこのおかげで、自分の声が『優しく、ナレーションに向いている』 ということを知って、実際に仕事につなげることもできました。

専科特訓に通って思ったのは、プロの役者が改めて、 滑舌・発声といった基本的なところから、吹替・ナレーション・舞台演技など 総合的・実践的に学ぶことができる場所だということです。 こう聞くと、改めて養成所に入りなおすような印象を受けるかも知れませんが 全くそんなことはありません。
先生方がこの世界の第一線で活躍されている方ばかりなので、 正直なところ甘く見ていると痛い目にあうと思います(笑)

各授業は、単純に上手いとか下手とかだけではなく、 どうやったら今後の仕事につながるか、仕事場だとどういう判断が下されるかなど、 先生方が自らの経験などを交えて、僕たちのことを本気で考えて評価して下さいます。 それが本当に的確で、いざ仕事をいただいたときに本当に役に立ちました。

それに加えて、クラスメートも全員プロなので、 皆さんの演技から学ぶこともたくさんありました。

夏の試演会も、専科特訓を語る上で忘れてはならないイベントですね。
これは、クラスメートの皆さんと舞台作品を作り上げて学校内で発表するのですが、 この場に事務所のマネージャーさんや知人を呼ぶことができるんです。 ここで、自分の実力や勉強の成果を見ていただいたり、 これをきっかけにして会話をするなど、とてもいい機会になると思います。 実際、僕の知人も見に来てくれたのですが、 面白かったと言ってくれたのと同時に、『そんな芝居ができるんだね』と 新たな一面を見たとも言ってくれました。

専科特訓コースに1年間通って、1年前の僕に比べると 発声の仕方やお芝居に対する姿勢など、本当に大きく変わることができたと思います。 それでも振り返ると、もっとできたのではないかとも思います。 それだけ、やればやるだけ自分に返ってくる、そんなクラスだと思います。
実際、今年のプロクラスのオーディションに落ちた場合、 できるならもう1年通うことも考えました。

そして今年のオーディション。 1年前と同じく、緊張していました(笑) ですが、いざ芝居のテストになると、楽しんで思いっきりやっている自分がいました。 その結果、おかげさまでプロクラスに入ることができました。 たった8点だった僕でも、1年間で変わることができたんです。

いまプロクラスに通い始めて、さらに上のレベルでの戦いを肌で感じています。
当日、初めていただいた台本を使い、初めてVTRを見てお芝居をする。 周りの皆さんは、やはりオーディションを勝ち抜いてこられただけあって 上手いのは当たり前で、その中でどう自分の長所・個性・表現を出せる芝居をするか、 本当にすごい方ばかりです。 僕も今は付いていくことで精一杯ですが、 いつかは僕の芝居で吹替えができるように、さらに頑張っていこうと思います。

最後に、専科特訓コースははやればやるだけ自分に返ってきます。
それこそ、意欲次第ではプロクラスに入った直後に、 クラスのトップを目指すことができるくらい実践的です。
個人的には、プロクラス関係なしで専科特訓に通うこともありだと思います。 特に養成所を卒業し、事務所に入ってすぐの方にお勧めです。
仕事に対する姿勢や仕事の雰囲気を学んだり、 先生方の経験談を聞いたり他の事務所の方の演技を見たり、 そして、自分の長所を知ることで、役者としてどんどん成長できると思うからです。
はっきりと言ってしまうと、『事務所には入っているけれども、仕事がない』 いろいろ理由はあると思いますが、その中で『自分に関する理由』を 知りたい方には、本当にうってつけだと思います。
説明会に参加できる機会があれば、ぜひお勧めします。

松本 大資

【 2011年度 授業レポート 】声優養成所や俳優養成所をお探しのみなさま
映像テクノアカデミアの声優・俳優科では、演技基礎や発声などの基礎を学び、さらに吹替やナレーション実習・舞台公演などの実践も経験できます。
声優養成所・俳優養成所として業界をリードする総合映像プロダクション「東北新社グループ」の完全バックアップにより、在学中に東北新社制作作品に出演することもできます。卒業後もプロクラスでさらに学ぶことが可能です。