映像・広告クリエイター科

2018年 02月 20日

「東京学生広告研究団体連盟反省会!大盛況!@映像テクノアカデミア」

2月18日の日曜日。

東京学生広告研究団体連盟(通称「東広連」)の反省会が

東北新社の映像学校映像テクノアカデミアで行われました。

毎年「学展」で「東広連」の学生たちは広告主を自ら探してきて、

TVCMを初めとする様々な広告の表現物を

六大学で競うと言うコンテストを行っております。

数年前から、この団体に協賛と言うカタチで

学生の支援を東北新社映像テクノアカデミアも

始めることになりました。

学展の発表会は10月上旬に行われます。

毎年翌年の2月に「反省会」というイベントを行っています。

来年度、学展で制作物を作る学生たちに向けて

今年の制作物を見て、いかに優れた制作物を作るかの座談会。

今年も、博報堂のクリエイティブ・ディレクター

高田豊造さん(映像テクノアカデミア講師)と

東北新社企画演出部の

ディレクター中野達仁さん(映像テクノアカデミア講師)

来ていただき、映像テクノアカデミアの山下(プロデューサー)と

3人で、いい企画はどうやって生まれるのか?

そもそも、いい企画とは?

みんなが作ったもののいいところと悪いところ!

などなどを自由に言い合いました。

それを聴いていた2年生たちは来年度、

どうやっていい企画を生み出すか?

どんなフローでやっていくのがいいのか?

など活発な質疑応答がイベント終了後に交わされました。

刺激を受けた学生たちの今年の「学展」が楽しみです!

今年は制作前に企画のワークショップをやりましょう!

などの提案などもありました。

いま、実は、一見、沈滞しているように見える広告業界を

新たな魅力ある段階に引き上げていく、

チャンスにあふれた時期なのかも知れません。(山下治城)

IMG_9559.jpg

IMG_9564.jpg

IMG_9556.jpg