<a href="/instructor/">講師ラインナップ</a> 中村久世

講師ラインナップ

台詞作りは大変だけど楽しい!

中村久世

映画翻訳者

代表作/[劇場吹替]…「怪盗グルーの月泥棒/ミニオン危機一髪/ミニオン大脱走」「ミニオンズ」「ペット」「スマーフ1~2」「アイスエイジ1~3」[TV]…「”SHERLOCK” シーズン1~4/忌まわしき花嫁」「刑事フォイル」「戦争と平和」「ARROW シーズン1~2」「フライト」「宮廷女官 チャングムの誓い」

英語で書かれた台詞を日本語の台詞に転換するとき、2つの段階があります。
私は吹替翻訳がメインの翻訳者ですので、吹替翻訳についてお話ししますね。

1つめは、英語の意味を正確に把握する段階。

2つめは、それを日本語に整える段階。
日本語らしい分かり易い表現にし、かつ、英語の長さに合わせてリップシンクし、かつ、必要なら画面に合わせて言葉を適切な位置に配置します。

たとえば、You mean Tom? という台詞を聞いたとき、「あなたはトムを意味しているのか?」いう内容だな、と理解するのが1つ目の段階。

そして、2つ目の段階で、その場面やキャラ設定に合わせた日本語を考えます。
例えば、高校のクラスメート同士の会話だとしたら、「あなたはトムを意味しているのか?」では硬すぎますよね。
そこで「それってトムのこと?」というカジュアルな台詞に転換します。
ところが画面を見てみると、この台詞を喋っている話者が、"Tom"と言うのと同時に、離れたところにいるTom を手で指しているジェスチャーがあったとします。
こういう場合は、「それってトムのこと?」と訳すのではなく、「あなたが言ってるのってトム?」のように、トムという単語を最後に持ってきます。
そうすると、「トム」という単語が発せられるタイミングが画面のジェスチャーと合うので、台詞が自然に流れます。

1つ目の段階では、英語力が、
2つ目の段階では、日本語を工夫する力が問われます。


映像翻訳では、字幕では字数の制限がありますし、吹替えではリップシンクの制限があります。
その制限の中で、いかに日本語として自然で、分かり易い台詞を、かつ画面に合った台詞を工夫できるか。
そこが大事だと思います。
毎日毎日、ああでもないこうでもない、と迷いながら台詞を考える、地道な作業の繰り返し。
それでも台詞を考えるのは楽しいですよ!

【台詞作りは大変だけど楽しい!】映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)にご興味のあるみなさま
映像テクノアカデミアの映像翻訳科では、映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)のプロを目指す方のために、基礎から応用レベルまで第一線で活躍中の翻訳者が丁寧に指導いたします。また、「本科」「専攻科」「プロクラス」修了者がトライアル審査をクリアすると、東北新社から仕事が発注され、幅広い分野の映像翻訳の経験をつむことが可能です。