<a href="/instructor/">講師ラインナップ</a> 相澤雅人

講師ラインナップ

ものを作る喜びを知っているか?

相澤雅人

映画予告編 ディレクター

1949年生まれ。「東北新社」を経て映画予告業界に転身。77年の角川映画「人間の証明」を皮切りに「地獄の黙示録」「戦場のメリークリスマス」「ラストエンペラー」等、従来の予告とはまったく違った新しいスタイルの予告を次々に生み出し、業界に旋風を巻き起こす。 1989年に「仕事主義」を設立。「ニュー・シネマ・パラダイス」「ロード・オブ・ザ・リング」「戦場のピアニスト」など、名作話題作の予告編を多数手がけ、いまだ次世代クリエイター達に大きな影響を与え続けている。近年はCMのナレーターとしても活躍中。


今の日本の映画予告編制作会社について教えてください

プロダクションハウスは大小合わせて20社あるかないかです。大手でも20人くらいの所帯。
演出(ディレクター)が10名位いて、あとはアシスタントの制作進行やCGなど手がけるタイトルチームですね。また、ディレクター1人だけのワンマンカンパニーもいくつかあります。それは、ディレクター自身がほとんどの作業をするということと関係があるのかもしれません。


映画予告編ディレクターの仕事とは?

コンテを考え、画を編集し、音楽の選定をし、コピータイトルやナレーション原稿を書き、タイトルをCGで作る。ときにはナレーターもこなす。一人何役ものマルチな才能が求められる仕事です。


映画予告編の制作プロセスとは?

本編(完成された映画のこと)を試写室で見る。これが仕事のスタート。一番楽しいときです。
つぎに宣伝部と打ち合わせです。テーマは何か、どう売るか、誰に売るかなどとコンセプトを固めていきます。
つぎにコンテ(予告篇の構成案)です。どんな仕立ての予告にするか、いわば設計図を考えるのです。ここからは演出家1人の作業。イントロをどうする?音楽はどれを使う?芝居はどこがいい?メインコピーは何? グランドデザインができると、オフィスに1週間ほど缶詰になりオフライン編集(ワークあるいはラフという)に取りかかります。この時間が一番大事なんですね。そして、一番苦しい時です。
実際の編集素材を前にすると頭で考えていた設計図とはどんどん違ってくる。パソコンとにらめっこしながら、アイデアが浮かんでは消え浮かんでは消える。プレゼンの日が迫ってくる。画をつなぎながら、これで面白くなってるかと、とことん悩むのです。
眠るひまもなくようやくラフが出来あがり、宣伝部のOKをとるとオンライン作業です。スタジオで高画質のHDで画を組み、CGタイトルやセリフタイトルをつける。これがHD編集。
音の作業はダビング(DB)といいます。ダビングはナレーションを録音する、音楽やセリフ、効果音を画にあてる。そしてそれらをミックスする。ここまですべて今はデジタル作業です。翌日、完成品の初号プリント(35ミリフィルム)やDCP(デジタルシネマパッケージ)を試写室でチェックします。これでフィニッシュ。ほぼ1ヶ月で予告編が出来上がります。


映画予告編を作る場合の、音楽の重要性について教えてください

映画予告編の場合、画と音は切っても切れない関係です。画は音があって初めて生きるとも言えます。だからどのシーンにどの音楽を使うか、とても重要なのです。音楽によっていくらでも印象も時には意味も変わってしまいますから。生きるも殺すも音楽なのです。その為には音楽を聞き分ける力が大切。つまり音のセンスをもってるか。音楽のセンスがない人はこの仕事には向いてないかもしれませんね。


inst_mess_aizawa.jpg 優れた映画予告編とはどういうものでしょうか?

矛盾するようですが、何も見せないことがベストです。できるだけ見せない予告編。
それだから見たくなる。見せないことで、ますます見たくなる。見せずに、見せるですね。これが映画予告編の理想です。
いまの傾向は、むしろその逆で、できるだけ語る、説明する。これでもかというくらいに。饒舌な作りで面白さを伝えようとしてますね、どれもが。

もう数十年前ですが、劇場で見たS・スピルバーグの「未知との遭遇」。夜の道を走る主観が延々と続く、そんなワンカットだけだったような映画予告編でした。だからこそ、その先を見たくなるのです。


最近の「仕事主義」が手がけた予告編は?

「最強のふたり」「ヒミズ」「ジェーン・エア」。「ゼロ・ダーク・サーティ」「フライト」両方ともアカデミー賞にノミネートされているクォリティの高い作品です。
夏以降は「少年H」「スタートレック イントゥ・ダークネス」あたりです。


映画予告編ディレクターになるにはどうすればいいか、アドバイスを。

まずは映画を見ない人は失格かな?なにしろ映画が仕事の種なのですから。結構いるんですよ、映画もろくに見てないでこの仕事を希望する人が。
反対に映画オタクも困るんです。映画青年である必要はないけれど、年に30本位は見てほしいな、最低でも20本、劇場で。でもぼくが学生だったころにはそれほど見てなかったかも。(笑)
それからとても大切なのは、映画以外のこと、本を読むとか、美術館に行くとか、旅をするといった知的好奇心をもつこと。文化的なことに意識して多く触れることで自分の感性を磨く。これがのちのち仕事に反映されていくのです。仕事に差がつくのです。


予告編ディレクターはアシスタントを経て、どのくらいの期間でなれるのでしょう?

早い人で1年過ぎで演出になれる人もいます。2年経っても目がでない人はこの仕事をやめたほうがいいと思いますよ。


とても面白そうな仕事にみえますが...。

確かにとても面白い仕事です。予告編作りは遊びとも言えます。いわば大人の遊びです。だからまじめに遊ぶのです。


狭き門では?

本当に入りたければ、募集がなくとも、自分で門を叩いたらどうでしょう。今は、どこも公募はしていません。ダメもとで門を叩き、運良く会ってもらえたら、とにかく自分を知ってもらうこと。やる気を見せること。そして一度であきらめないこと。
どの制作会社も1から育てる余裕はないですが、まずはインターンとしてならチャンスがあるのでは。もっともパソコンは使えない、編集ソフトは知らないでは、きびしいですね。そのくらいは標準装備して臨んでほしいところです。


映像テクノアカデミアで学んでいる受講生、業界を目指す人に何かアドバイスは?

「ものを作る喜びを知っているか?」クリエイターにとって、これはとても大事な資格なのです。自分が作ったものに他の人が共感する、感動する、喜んでくれる。それをみて自分自身もまた喜びを感じる。次もまた喜ぶ顔が見たくて、必死に新しいアイデアを考える。人を喜ばせるために私たちは映画予告編を作っていると言っても過言じゃないのです。この気持ちが何より創作活動の原点なのです。

【ものを作る喜びを知っているか?】映像編集や広告制作にご興味のあるみなさま
映像テクノアカデミアの映像・広告クリエイター科では、CMプランナーや映像編集のプロを目指す方のために、基礎から応用レベルまで現役のクリエイターが丁寧に指導いたします。また、東北新社グループでのアルバイトのご案内や、就職サポートも充実。実際の制作現場でCMプランナーや映像編集が学べます。