映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

【映像・広告】撮影のいろはを学びに

2017年11月11日 17:47

361A5173.JPGだんだん寒くなってまいりました


ですが
寒くなるということは
映像編集クラスにとってはアツいシーズンが始まるということでもあります


映像編集クラス半年Bクラスではカリキュラムの最後に修了制作として
ショートムービーを制作することになりますが

そんな一大イベントにさきがけ撮影の仕方を学ぶ講義を行いました

撮影のやり方といっても学ぶことが多すぎてとてもじゃないですが一回の講義ですべては学べません

ですので

講師である
東北新社の撮影部 TFC Plus Corporationの方々に

実際に修了制作で使えばクオリティがワンランク上がるようなカメラの使い方や
どう撮ればどうなって、何を使えばどうなるなど
短時間で簡潔な貴重な経験となる講義をしていただきました

それが修了制作にどう活きてくるのか
アツいシーズンは始まったばかりなのでまだまだわかりませんが
この貴重な経験を無駄にせず頑張ってもらえればと思います

camera.JPG

【声優】生徒実習って何するの?

2017年10月24日 10:42

声優科では「生徒実習」として現場に出ることがあります。

ではこの「生徒実習」では何をしているのでしょうか?

先日の「生徒実習」の様子をご紹介しましょう。


今回は劇場公開作品のガヤに当校の生徒を起用したいとの依頼でした。

男女合わせて10名がスタジオ入りしました。


 <イメージ>

金魚鉢.jpg
















いわゆる「アフレコ」では、原音があるものに日本語を入れるものと

原音が無く音声だけを入れるものがあります。

前者は外国作品の吹替、後者はアニメ作品が代表的です。

今回は後者でした。アニメではありませんが、劇中のパニックシーン

に必要な叫び声等の収録です。

しかも、そのシーンは人々がゾンビに襲われるという入り乱れた状況です。

 

まずは映像を見せられ、シーンの状況を把握します。

その中から誰かを決めて自分なりに合わせていきます。台本はありません。

雑踏の中での人々の会話、ゾンビが出現して人々が逃げ惑う叫び声、怯え、悲鳴。

ソンビのうめき声、攻撃する声、やられた時の声。

原音はありませんので、映像から想像して声を生み出すことが要求されます。

同じシーンの中で役を変えて何回も繰り返します。

更にオンリーで(映像無しで音声だけで)様々なバリエーションを録ります。

 

ディレクターさんからは、様々な指示がありました。

ガヤが悪目立ちしないように、そのシーンの空気感を出して...

 やられる時は、思いきりやられて...

 高めの音ではなく、低めの音で...

 同じセリフばかり言わないで...

 

また、決められた台詞がある場合には、

叫びながらもちゃんと台詞が聞こえるように...

 

実際に参加した生徒の皆さんに感想を聞いてみました。

『その場に適したガヤを入れるには、状況を把握する力、想像力、アドリブ力が必要だと実感しました。』

2時間以上叫び続けられる発声と集中力を持続することの大変さを痛感しました。』

『言葉ではない台詞の難しさを痛感しました。』

『引出しが少ない。』

 

やはり現場で学ぶことは多いようです。

「生徒実習」では現場体験をすることで、お仕事の現場に入るには

どんなことが身についていなければいけないかを知ることができます。

現場で感じたことを教室に持ち帰り、スキルアップに活かすことができるのです。

これができるのは【生徒】でいる間だけであることを申し添えておきましょう。

【映像・広告】2016年の映像編集クラス修了制作作品『花のまばたき』

2017年9月10日 14:03

はじめまして!今年から映像テクノアカデミアのスタッフとなりました、大森です。

 

映像テクノアカデミア、2016年の映像編集クラス修了制作作品『花のまばたき』が

なんと『第1回 渋谷TANPEN映画祭』の1次審査を通過し、

823日の上映会兼2次審査にて公開されました!

 

総応募数123作品の中の、40作品、

珠玉の40作品のうちの1つとして選ばれたんです!

 

実は僕、大森も2016年映像編集クラスの卒業生!

みんなと一緒になって作った作品が評価されるのは本当に幸せなことです。

スケジュールがタイトで大変な撮影でしたが、

こうして評価をしていただける作品となったので、苦労の甲斐がありました。

 

2次審査、最終審査の結果発表は1010日!目の日となっております。

さて『花のまばたき』はグランプリをとれるのか!?

ご期待ください。

 

[リンク]

第1回 渋谷TANPEN映画祭 http://eizousya.co.jp/tanpen/


『花のまばたき』監督・秋山友希

20170909190110.jpg

 




















1504925456605.jpg














大森

【声優】コラボ収録、無事終了!

2017年9月 4日 11:13

映像テクノアカデミアの佐藤です。

テクノアカデミアの夏の風物詩、「コラボ授業」の収録が
9月2日(土)、3日(日)の2日間にわたって行われました。

課題作品は昨年に続き「GIRLS(R)/ガールズ」。

同じ内容ですが、昨年の参加者との差は出てくるのか?
今回はそんなことも楽しみにしながら収録に臨みました。

差、ありましたね...。

今年度からクラスやカリキュラムが大幅に変わり、
コラボだけではなく、舞台の稽古も同時に進行するという
過密スケジュールになりました。

そういう影響もあったのかなあ...。

詳しくは講評会で話すとしましょう。

ひとまず皆さんお疲れさまでした!

今年は忘れずに全チームの写真が撮れたので、全部載せちゃいます。

収録後の、ひたすら安堵したみなさんの表情です。

■Aチーム                    ■Bチーム
IMG_3378_A.JPGのサムネイル画像
IMG_3380_B.JPGのサムネイル画像


■Cチーム                    ■Dチーム
IMG_3382_C.JPGのサムネイル画像
IMG_3386_D.JPGのサムネイル画像



■Eチーム
IMG_3388_E.JPGのサムネイル画像




では、10月7日(土)の講評会で、
またお会いしましょう。

              佐藤宏樹













【映像翻訳】猛暑日の大阪

2017年8月 9日 15:15

8/6(日)、大阪の気温38℃。
しかも湿度が高く、ムシムシムシムシ。
シンガポールがそんな感じでしたねえ。

大阪校・字幕翻訳クラスの授業も13、14回目。
いよいよ林完治講師の登場です。

大阪_林完治.JPG












受講生の皆さんにとって、林さんの授業は
昨年12月18日の「字幕翻訳体験レッスン@大阪」以来となります。
(そのとき参加された方にとっては、ですが)

皆さん楽しみにされていたようで
外の暑さにも負けず
熱心に勉強に取り組んでいるようでした。

林さんは電車に乗るのが嫌いなので
ひとりマイカーで現地入りされました。
そして午後、2時間授業を2コマ行い
われわれスタッフと夕食を済ませ
またひとりで帰路へ。
ご自宅には25時ごろ着いたそうです。
たぶんそれから翻訳の仕事をされたんでしょう
まさに超人。


この日は2018年度大阪校・字幕翻訳クラス開講に向けて
「字幕翻訳体験@大阪」イベントを同会場の別教室で行いました。

事務局長・津田による業界解説、
学科主任・鈴木による字幕体験レッスン、
教務担当・原による大阪校説明
というプログラムです。

大阪_津田.JPG
大阪_鈴木.JPG

大勢の方にご参加いただき
授業時の回答、質問など活発で
大変有意義な時間となりました。


次回の大阪での体験授業は
12月2日(土)予定です。
林さんの登壇もあるかも。
乞うご期待。
(p)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11