映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

【映像・広告】「AIの動画自動編集について思うこと」

2018年11月 1日 12:25

「AIの動画自動編集について思うこと」

DSC03109.jpg

最近AI(人工知能)を駆使して動画の自動編集をする

という開発が加速している。

私がその実例を見たのが数年前のことだった。

IBMのワトソンが映画の予告編(トレイラー)を

自動編集したとして話題になった。

プロの映画予告編編集者の編集した予告編も同時に見ることができたのだが、

その時はAI自動編集はまだまだだな!という印象を持っていた。


しかし最近になってマイクロソフトがAZURUというソフトを開発し

AIで自動編集をするための学習を始めている。

アドビはアドビセンセイがその役割を担おうとしている。

サイバーエージェントでは動画バナーを自動生成するための

アルゴリズムを開発している。

さらにいくつかのスタートアップ企業が出てきている。


例えば、オープンエイトが開発中のソフトは、

動画素材をある場所にアップロードして

タイトルを入れてその動画コンテンツに対してのテキストを

打ち込んでいけば動画の画像認識をして自動的に動画を編集し、

そこにタイトルスーパーを自動で入れるという仕組みになっている。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000013460.html


AIの深層学習機能を実装しているので

最初は、勘違いや間違いが起きてくるかもしれないが、

その経験値が積みあがっていけばルーチンの動画であれば

ほぼ完成に近い状態のものを作るようになるだろう。

そこからが人間の関与するところとなる。

動画制作の入り口と出口をうまくコントロールしながら

大量に動画コンテンツが生成できる。

そんな時代がもうすぐそこに来ている。

そうなれば時間ばかりかかってちっとも生産性の上がらないと

言われていた動画制作の仕事が

純粋にクリエイティブな部分のみを担うだけで良くなる。

その時に重要な知見はAIをうまく利用する論理的な知能と、

気持ちいい面白い楽しいといった感覚的な知能を併せ持つこと。

これからその両方の能力を持つことがとても重要になってくるのでは?

と思うのである。

その時に大切なのは戦後の文芸春秋の編集者

池島信平の言葉の受け売りでもあるが


「人に会え、本を読め。旅に出ろ」


まさにこの言葉に集約されるのではないだろうか?

(山下治城:映像・広告クリエイーター科)

【スタッフこぼれ話】elevator or lift

2018年10月28日 10:50

あなたはエレベーターによく乗りますか?

 

私はよく乗ります。アカデミアではもちろん、ジムでもロッカールームがあるフロアーまではエレベーターで上がるし、駅でも利用しています。

 

特に大江戸線で青山一丁目駅を利用する時は必ず乗ります。あのエスカレーターに乗って、降りたら反対方向まで歩いて、またエスカレーターに乗る を繰り返していると自分がハツカネズミになった気がして嫌だから。

 

エレベーターに乗るとよく思うのは、人々の乗り方・乗っている間の佇まい・降り方で、その人の持っているnatureがよく表れるなあということです。特に降りる時にそれが顕著に表れます。

 

ドアが開いてもスマホの画面を見ていて、皆を待たせる人。

ドアが開くと我先にと飛び出していく人。

譲り合ってなかなか降りない人。

入り口近くの「開く」「閉じる」のボタンのついたパネルの前に立っている時ぐらい、「開く」を押して自分が最後に降りる心の余裕がほしいものです。そして誰かが、そうしてくれたら、「ありがとう」の一言や会釈ぐらいしたいものです。

 

私が専門学校で教えていた頃、ある日を境にエレベーターに乗ってくる学生の態度が変わりました。私がパネルの前に立っていると、乗ってきた学生が「代わります」と言ってパネルの前に立つようになったのです。

 

見ず知らずの人に「代わります」と言ってもらう気は毛頭ありません。ただ会社以外で同じエレベーターに乗り合わるのは奇跡的な確率ですから、もう二度と会わない人であろうと、気持ちよくエレベーターを後にしたいものです。

 

ちなみにイギリスではelevatorliftと言います。私は今年の夏、初めてロンドンに行ったのですが、liftで乗り合わせたBritsは、とても自然に気持ちのいいgentle振りを発揮していました。

 

日本でもelevatorliftと呼ぶようにすれば、気持ちよく乗り降りすることができるようになったりして。

【映像翻訳】いよいよ2018年度秋期トライアル試験が始まります

2018年10月 8日 11:29

2018年も10月に入り、今年も残すところあと3ヵ月となりました。

映像翻訳科では今週末の10/13(土)より、ついに2018年度秋期トライアル試験が始まります。

春期トライアル試験は修了直後の卒業生のみ受験できますが、
秋期トライアル試験はAdvanced Class(旧研修クラス)及び大阪校字幕翻訳クラスの、
今までの卒業生なら誰でもチャレンジができるトライアル試験です。

大阪校字幕翻訳クラスは2017年よりスタートし、今年で2年目を迎えましたが、
1年目の卒業生はまず2018年度春期トライアル試験を受け、そして希望者は今回の秋期トライアル試験にチャレンジすることになります。

つまり、秋期トライアル試験においても、今回から大阪校の卒業生も、東京校の卒業生と一緒にトライアル試験を受験します。
そして大阪校は字幕のみのクラスですので、字幕の受験者がその分多くなる、ということになります。

東京も、大阪も、一人でも多くの受験生が合格されることを祈っています。

【お知らせ】声優になりたいひと必見!声優をめざすひとのための新聞『キミコエ!』設置しました!なんと津田健次郎さん×声優科講師・清水洋史音響監督の対談です♪

2018年9月28日 15:04

声優になりたいひと必見!

声優をめざすひとのための新聞『キミコエ!』を設置しました!

記念すべき第1号は、なんと!
津田健次郎さんと声優科の講師でもある清水洋史音響監督の対談です♪

ロビーに置いてあるので、ぜひチェックしてください。

キミコエ公式webサイトで「こぼれ話」を更新予定らしいです!



IMG_5444.JPG 
IMG_5443.JPG

【声優】2学期スタート!!!

2018年9月 9日 14:01

9月に入り、映像テクノアカデミアも2学期に突入しました。

8月は夏休みとなっていましたが、声優科の夏休みは結構忙しいのです。

授業の無い期間を利用して、発声に悩みを抱いている生徒向けに短期集中の講座を行いました。

ステップ3では9月に創作舞台を行うために、8月はその準備で稽古を行っていました。

また映像翻訳科とのコラボレーション授業も2学期早々に本番のスタジオ収録を行うため、

夏休み期間に自主練習を行って意見交換しながら仕上げをしていました。

 

通常の学校では夏休みは学校がお休みになりますが、映像テクノアカデミアの夏休みは

2学期に向けての準備期間になっています。この時期をどのように過ごすかで、他の人との

差が付くのです。

当校では授業の無い時に教室を貸し出していて、在校生は無料で使用することができます。

自宅ではなかなか大きな声を出して練習ができない人も、学校の教室なら遠慮なく大声を出せます。

授業で使用してるマイク等の器材も使えるので、吹替が苦手な人は自分のペースで練習ができます。

 

将来を見据えた取り組みは、授業以外でどれだけ頑張れるかが勝負です。

在校生の皆さん、これから受講しようと考えている皆さん、

夢を実現するために、当校を大いに利用してください。

 

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11