映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年12月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ

【映像翻訳】今年もありがとうございました!

2018年12月28日 13:16

受講を考えてこのHPを見てくれている方
受講生の方
卒業生の方


今年もお世話になりました
厚く御礼を申し上げます


ところで 今年2018年の映像翻訳科のビッグニースを
皆様にお伝えするのを忘れていました

実は2018年11月11日(ポッキーの日)に
名古屋校オープンしました!!!

IMG_4408.jpg

また大阪校は初年度の受講者の希望が多く
Graduate Class(東京の3年目のゼミスタイルのクラス)も
開講しております


東京校・大阪校・名古屋校 受講生の皆さんは
トライアル合格に向けて 正月休み返上で
頑張っていると思いますが アカデミアの講師やスタッフも
1人でも多くの人が 難関の東北新社のトライアルに合格できるよう
できる限りのサポートを続けていきたいと思っております

来年 2019年もよろしくお願いいたします

【声優】増田俊樹さん×佐藤宏樹吹替ディレクターのトークイベント開催!

2018年12月10日 10:03

12月1日(土)、アニメ作品を中心に幅広く活躍されている人気声優・増田俊樹さんをお迎えし、
当校の声優科学科主任の佐藤吹替ディレクターとのトークショーを開催致しました!

このイベント、開催発表直後から非常に多くの方に反応をいただいていました。
毎回ツイッターでイベントの告知をしているのですが、
今回はスターチャンネルさんにもご協力をいただき、
トークショー開催のお知らせをしたところ、過去に見ない数の反応が!(本当にすごい数字でした...)
改めて増田さんの人気の高さを感じる一場面でした!

さて、当日は学校説明会からスタート。
各コースの内容やプレゼン公演(※声優プロダクション所属オーディション)について等々
お話しさせて頂き、皆さん真剣に聞いて下さっていました。
現在映像テクノアカデミアでは4月生の募集が始まっています。
授業見学も随時行っていますので、ぜひ入学の参考にしていただければと思います。

DSC_0011r.jpg


そして説明会のあとは在校生も合流し、
大きな拍手とともにイベントの主役である増田さんが登壇されました!
 
DSC_0032r.jpg

スターチャンネルにて12月5日(水)22:00より放送をスタートする「ミスター・メルセデス」シーズン2。
佐藤ディレクターが吹替演出を務め、
増田さんは殺人犯"メルセデス・キラー"ブレイディ・ハーツフィールドの声を担当されています。

トークショーでは「ミスター・メルセデス」シーズン1の内容の振り返りから収録現場の様子、
佐藤ディレクターのキャスティングの裏話、
そして増田さんの役作りの方法まで普段では中々聞くことができない貴重なお話を聞くことができました。

 DSC_0041r.jpg

凶悪殺人犯であるブレイディを演じるにあたり、
「収録現場ではなるべく他の役者の方々とコミュニケーションをとらず、
自分自身に対してもマイナスな感情を持って演じてもらえるようにしていた」と増田さん。
またブレイディというキャラクターに影響を受けたことで
増田さんご自身の物の考え方や捉え方が変わったというお話もされていました。

作品の内容に関するトークではシーズン1の衝撃のラストシーン(まだ見ていない方はぜひご覧ください)の話から始まり、
好きなキャラクターの話、またシーズン3が制作決定した本作品の今後の展開についての予想など大いに盛り上がりました。

イベントの最後ではプロの声優を志す皆さんからの質問にお答えいただきました。

数か月後にプレゼン公演を控える学生も多い中、「自分の芝居に納得できなくなっていて、
そんなスランプを抜け出すにはどうしたらいいのか」という質問に対して、

「この業種ではプロで活躍している人でもその瞬間が訪れるし、
訪れた方が良いとも思う。答えがない仕事で、『これでいい』と決めつけてしまうとそこで停滞してしまう。
常々自分の中に疑問を持って、変化に恐れを持たず向かっていくことが"いいこと"だと思えることで、
自分の芝居に納得できないことに不安にならずに受け止められるようになる」

と、質問した方だけでなく、声優を目指すその場にいる参加者全員のためになるアドバイスをいただきました。
 
DSC_0050r.jpg
 
DSC_0056r.jpg

退場前には「頑張ってください」とエールを下さった増田さん。
終始笑いを交えつつも貴重なお話をたくさん伺うことができ、とても盛り上がるイベントとなりました。
参加者の皆さんにはとても濃密な時間だったのではないでしょうか。

増田さん、今回は貴重な機会をいただき、本当にありがとうございました。

アカデミアでは今後もこういった魅力的なイベントを開催していきますので、ぜひご注目ください!



【声優】12月1日(土)にトークイベントやります!

2018年11月27日 09:26

どうも、声優科の佐藤宏樹です。

もうじき師走ですね。
私も講師という仕事をしているからか、なんだかとっても忙しいです。
走ることはなくほとんど座っているのですが、時々足がつりそうになることがあります。

そんな最中、今週末にトークイベントをやります!
ゲストは声優の増田俊樹さん。
私が吹替の演出をしている「ミスター・メルセデス」にご出演されている、人気若手実力派超イケメン歌うま声優さんです。

「ミスター・メルセデス」シーズン2第1話の上映会も行います。吹替版での上映は本邦初です。

収録時の裏話など、普段は聞けないような「ここだけの話」をするつもりです。

かなりの勢いで申し込みが来ています。お早めに。

【声優】学園祭シーズン到来

2018年11月19日 18:24

学園祭シーズンの11月、著名人を招いてのイベントも各校多々あり、ここ津田塾大学でも今年は声優「梶裕貴」氏の講演会があると知り、キャンパス見学も兼ねて覗きに行ってみました。


_20181023_141202.JPG


講演23時間前からの行列はドンドン伸び続け....何百人!? (キチント整列!&ほぼほぼ女子!)

残念ながら前売りチケットはすでに完売で聴講はできませんでしたが、この列の中にテクノアカデミアの生徒さんがいるかな?~っとつぶやきながら、記念に掲示板の梶氏をパシャリと撮ってきました。


_20181023_212038.JPG

 

(デスク・中川京子)

【映像・広告】「AIの動画自動編集について思うこと」

2018年11月 1日 12:25

「AIの動画自動編集について思うこと」

DSC03109.jpg

最近AI(人工知能)を駆使して動画の自動編集をする

という開発が加速している。

私がその実例を見たのが数年前のことだった。

IBMのワトソンが映画の予告編(トレイラー)を

自動編集したとして話題になった。

プロの映画予告編編集者の編集した予告編も同時に見ることができたのだが、

その時はAI自動編集はまだまだだな!という印象を持っていた。


しかし最近になってマイクロソフトがAZURUというソフトを開発し

AIで自動編集をするための学習を始めている。

アドビはアドビセンセイがその役割を担おうとしている。

サイバーエージェントでは動画バナーを自動生成するための

アルゴリズムを開発している。

さらにいくつかのスタートアップ企業が出てきている。


例えば、オープンエイトが開発中のソフトは、

動画素材をある場所にアップロードして

タイトルを入れてその動画コンテンツに対してのテキストを

打ち込んでいけば動画の画像認識をして自動的に動画を編集し、

そこにタイトルスーパーを自動で入れるという仕組みになっている。

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000071.000013460.html


AIの深層学習機能を実装しているので

最初は、勘違いや間違いが起きてくるかもしれないが、

その経験値が積みあがっていけばルーチンの動画であれば

ほぼ完成に近い状態のものを作るようになるだろう。

そこからが人間の関与するところとなる。

動画制作の入り口と出口をうまくコントロールしながら

大量に動画コンテンツが生成できる。

そんな時代がもうすぐそこに来ている。

そうなれば時間ばかりかかってちっとも生産性の上がらないと

言われていた動画制作の仕事が

純粋にクリエイティブな部分のみを担うだけで良くなる。

その時に重要な知見はAIをうまく利用する論理的な知能と、

気持ちいい面白い楽しいといった感覚的な知能を併せ持つこと。

これからその両方の能力を持つことがとても重要になってくるのでは?

と思うのである。

その時に大切なのは戦後の文芸春秋の編集者

池島信平の言葉の受け売りでもあるが


「人に会え、本を読め。旅に出ろ」


まさにこの言葉に集約されるのではないだろうか?

(山下治城:映像・広告クリエイーター科)

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11