映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【映像・広告】卒業生2名、大先輩クリエイターと特番に出演!

2011年1月28日 12:10

「田子の浦ゆ・・・」ではなく「新宿御苑前なう・・・」の赤人です。

 

先日、東北新社のCS局

「ヒストリーチャンネル」(http://www.historychannel.co.jp/rec/

「ファミリー劇場」http://www.fami-geki.com/

の共同制作の特別番組『ACC CMフェスティバル 時代と共に歩んだ CM50年の軌跡』が、同社等々力スタジオで収録されました。CMは時代を映す鏡と言われて久しいですが、1953年の828日の日本テレビ放送網が商業放送を開始。日本で最初に流れたCM「精工舎時報CM30秒」から2010年度 50ACC CMフェスティバル、グランプリ作品「梅の花」に到るまでの50年のCM史を作品とその時代背景を解説しながら、座談会形式で展開する広告業界人や広告業界を目指す人は勿論、一般の茶の間方々にも話題髣髴、興味津々のACC(全日本シーエム放送連盟)の50年記念番組です。

 

注:「全日本シーエム放送連盟」(http://www.acc-cm.or.jp/)とは社団法人 全日本シーエム放送連盟(All Japan Radio & Television Commercial Confederation 通称 ACC)は、CM関係事業者の共通認識の醸成と表現の質的向上を図りながら、視聴者の視点に立ったCMのあるべき姿を追求し、社会的・文化的貢献を目指して活動している、非営利の社団法人で、広告主、広告会社、制作会社、放送会社等から構成されています。

 4人IMG_1630.JPGのサムネール画像

出演者は、司会にオグルビー・アンド・メイザー・ジャパン、取締役名誉会長/クリエイティブディレクターの小田桐昭氏。タグボート代表、クリエイティブディレクター/CMプランナーの岡康道氏。そして、映像テクノアカデミア、CMプランナー実践クラスを卒業して、現在太陽企画、CMディレクター/CMプランナーの山部修平くんと同クラスを卒業して、博報堂プロダクツCMプランナーの秋山貴広くんの4名。

 

山部くんは、在学中2005年度ACC学生CMコンクールでCM部門の大賞を受賞。秋山くんは、翌年の2006年度の同CM大賞受賞。このことから今回の出演者に選ばれた模様。当校の映像・広告クリエイター科用務員としての私は、それぞれ立派な制作会社の若手クリエイターとして育っていても、収録前の本読みで、2人の大先輩の前でガチガチになっている両君を見ると、カメラ前であがってしまい発言出来なくなるのではないか。また授業で習得した広告の知識を忘れてしまってはいないか。特に授業を思い出し、我が師である杉山登志さんの作品群に適切なコメントを述べられるだろうか、とか。とか、とか・・・。

山部秋山IMG_1631.JPG

収録は、司会小田桐氏より年代を追ってその時代時代のエポックと作品背景が語られ、岡氏のクリエイティブなコメントが重ねられる。まだ生まれていない時代のCMから、幼少期、茶の間で見ていた感想を語る両君。在学中は"クラス一のツッコミ"の山部くん、"巨匠"と言う仇名の秋山くん、時として発言どころを間違えるNGを頻発するも、両大先輩の巧アシストで、進行していきました。

小田桐氏は
ACCのグランプリ最多受賞者であること、既に多くの先輩クリエイターの築いた山があり、その他山を敢て登らず、自ら山を築いたと語る岡氏のコメント等々。ザックリとした広告史が満載された座談会となりました。
また、事前に両君の現在の作品集をご覧いただいていたお
2人の、後輩クリエイターへのやさしい眼差しや言動がとても印象的でした。

風景②IMG_1628.JPGそうこうする内、4時間にもなる収録が無事終了。直後に感想を質したところ、秋山くんは「収録中、上がらなかったけど、何を話したか全然覚えていない」とのこと。「やっぱ秋山は"巨匠"だわ!」と山部くんと私が同時"ツッコミ"ました。

 

 

なお、特番『ACC CMフェスティバル 時代と共に歩んだ CM50年の軌跡』は、2月にON AIRの予定です。また事前にその予告編も当ホームページでも掲載いたします。お楽しみに!

【声優・俳優】「ER緊急救命室」大納会、お疲れさまでした!

2011年1月14日 17:43

アカデミアの賢人、アカ賢の2度目の登場です。CIMG0154.JPG

 

去年の暮れ、NHKで放送している、チョー!ロングランのシリーズ「ER緊急救命室」の日本語版の制作が終わりました。その打ち上げ大納会が先日新宿某所で行われたんですよ。今回はその報告。

 

なにせとてつもなく長く続いたシリーズ、どのくらい長いかというと、全部で332話。こんなに長く続いた海外テレビドラマのシリーズはないと思います、多分、きっと。だから、納会の参加者も、それは、それはの大賑わい。

 

ところで、出演者は第1話から最終話まで、どのくらいの数に上ると思いますか? 

 

ナント延べで約3,200名

 

とうぜんこの中にはアカデミア卒業生、プロクラスのメンバーも沢山います。そして何よりもウレシイのは、332話全てにわたって、裏方で翻訳木原先生の手助けをしてくれた、映像翻訳科一期卒業生の竹本浩子さんの頑張りでした。詳しくは下のアドレスを見てください。彼女のインタビューが載っていますよ。

 

http://www.vta.tfc.co.jp/translator/graduation/15t_takemoto.html

 

竹本さん本当にお疲れさまでした。

 

次に会場の様子を少し紹介いたしましょう。

 

CIMG0149.JPG 

 写真はアカデミア事務局長、コチコチのスピーチ。

だからUPにはできません。

 

 

 

CIMG0154.JPG

 

 

 

右の写真が「ER」の翻訳で長年ご苦労をなさった業界の第一人者、木原先生。先生と呼ぶのはテクノアカデミアの講師を以前務められていたからです。

先生の代表作はこのシリーズのほかに「奥さまは魔女」「スパイ大作戦」。

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0160.JPG

 

次はこの作品の要、ディレクターの佐藤敏夫監督。

監督もアカデミアプロクラスの講師を務められていました。

スピーチ前の緊張シーン。

 

 

 

 

 

 

本当に皆さん15年もの長きにわたっての制作、お疲れさまでした。と同時に木原先生、佐藤先生の下で学んだアカデミアの若き人たち、次の時代はあなたたちが主役です。飛躍を期待しています。

 

 

 

 

 

 

【映像・広告】初詣

2011年1月11日 10:31

はじめまして。

映像編集クラス・編集専科アシスタントのLiNLiNです。

普段はAVIDエディターをしています。


2011年を迎え、

先週から授業が始まり、修了作品の撮影準備に入ると

卒業の季節が近づいているなと実感しています。

そんな中、高尾山に初詣に行ってきました(^▽^)/


F-1101-3.jpg

生徒さんたちの就職が早く決まりますように...

新しい生徒さんたちとたくさん出会えますように...

事務局スタッフの皆さんが元気で働けますように...

たくさんCMの仕事ができますように...

F-1101-2.jpg











頂上では、富士山が見えましたので、富士山にも

祈っておきました!


さて、今日から「映像制作短期コース」が始まります。


1回2時間、4回の授業で映像業界を学ぼうという講座です。

映像業界に入りたい方!

将来何になろうか迷っている方!

お年玉が余っている方!

手に職つけたい30代!(※年齢制限はありません。勢いで書きました)

今月は満員ですが、来月、再来月にはまだ空きがあります。

ぜひ、一度ご参加ください。


それでは、皆様にとって今年がよい1年になりますように...


【スタッフこぼれ話】明けましておめでとうございます!

2011年1月 4日 14:20

明けましておめでとうございます!

 

相変わらず好き勝手に生きている手久埜坊(てくのぼう)です。

さあ、いよいよ2011年になりました。

今年は......と張り切っている皆さん、今年こそは......と目をキラキラ輝かせている

皆さん、"頑張ってください"としか言い様がありません。

私は、"また新しい年が始まるの?時間よ、止まってくれ!"と叫びたいくらいです。

なにしろ残り少ない時間を、どうやって楽しく過ごそうかなんて考えている毎日ですから。

それでも、年頭にこんな詩を考えましたので、ご披露します。

そして詩に対するコメントも一緒に書いてみました。

 

                    ウサギ年、油断してたら抜かれるよ

(あなたのライバルは亀さんかも知れない)

                    花か肥やしか、どっちを選ぶ?

(肥やしを選ぶ人はいないよね。なら花になれる様に頑張れ!)

                    努力こそ、スターの道への、出発点

(努力を怠った人は、スタートラインにも立てないよ)

                    声優の、プロへの道は 棘道(いばらみち)

(声優ばかりではなく、どの業界でもプロは厳しい)

 

とにかく、今年もみなさん頑張ってください。

si_usagi63.gif

1