映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

【映像翻訳】4月開講の土曜クラス、定員まであとわずかです

2011年2月28日 10:15

プロ野球のオープン戦が始まり、横浜ベイスターズは1,2戦をみごと勝利で飾りました。あくまで公式戦開幕前の調整の場なので勝ち負けは関係ないのですが、去年のオープン戦で8試合目ぐらいまで勝ち星がなかったことを考えれば気持ちがいいじゃありませんか。横浜信用金庫でベイスターズとマリノスの公式戦順位に応じて金利が上がる定期預金を始めるらしく、ちょっと買ってみようかなと思う今日このごろです。

さて、まったく無関係な前置きが長くなりましたが、映像テクノアカデミア映像翻訳科では4月開講の入門クラス受講生を募集中です。土曜クラスと火曜クラスがあるのですが、土曜クラスが定員まであと5名(2/28現在)と残り少なくなってきています。平日に通うのは難しいという方はお急ぎください。お申込みをお待ちしています。

 

(P) 

【映像翻訳】SST-G1って何?

2011年2月 3日 19:54

ある日の映像翻訳科の授業後の会話

 

学生A:先生、最近よくSSTって聞きますけど、それは何ですか?

教師:字幕翻訳をする時に使用するソフトです。2年目の研修科で

    基本的な使い方は勉強しますよ。

学生B:ソフトですか?

教師:そう。PCで使用する字幕作成ソフト。作業をするのに必要な物は

    そのソフトと画像データとPC。それにドングル。それだけです。

学生A&B:ドングル!?

教師:うーん。何て説明したらいいかな。フラッシュメモリーに似た形で

   それをUSBにささないと作業ができないんだ。

学生B:それが自動で字幕を作ってくれるんですか?

教師:まさか! PC上で画を見ながら、タイミングデータを作り、

    字幕の翻訳ができ、その入力した文字を画に載せて

   すぐに見られるんだ。だらかストップウォッチがいらない、

   画に合った翻訳がしやすい。字数も自動で計算してくれるから楽。

   研修クラスで基本的な使い方を教えてます。

学生A:来年か~、早く使ってみたい。

学生B:私、HPに載ってるSSTを使った短期講座(http://www.vta.tfc.co.jp/topics/t_seminar_sst.html)を受講します!

教師:あれはまだ字幕を勉強したことがない人のための講座だよ。

    操作を学ぶための講座じゃないんだ。

    自分の作った字幕が映画みたいに、画に載ってみられたら楽しいでしょ?

     それを味わってもらうための講座なんだ。

学生A:私の友達で4月から映像翻訳の勉強を始めようか迷っている人がいるので

     その人に勧めてみます。

教師:ぜひそうして。来週から2月のクラスが始まるけど、まだ席に余裕があるから。 

 

SSTはアメリカで開発されたソフトです。当初はバグは多いし、

日本語に特有な縦字幕は弱いし、便利だけど欠点が残るソフトでした。

そこで日本でSST-G1を開発しました。

高価なソフトなので、すぐに購入する必要はありません。本校ではPCルームで授業が行われていない時は、いつでもSST-G1が使用できる環境を整えています。

 

es 

【声優・俳優】節分の日

2011年2月 3日 09:30

今日は手久埜坊(てくのぼう)が心の中に住みつく、鬼を退治にやってきました。

 

「福は内、鬼は外!」                     

2月3日、節分の日。  

                                       illust621.png

                                                

鬼の面をつけたお父さんに向かって、息子が大声を張り上げながら、豆を投げつける。「福は内、鬼は外!」

                               

お父さんは「わーっ!」と言いながら、外へ飛び出す。

「やった、やったー!」と喜ぶ息子の姿を見て、お母さんも思わず微笑む。

 

そんな風景が、あっちこっちで見られるのも、この日だけ。

 

節分は各季節(立春・立夏・立秋・立冬 始まる前日の日の事を言うのですが、

何故か江戸時代に(立春2月4日のみ)、節分と言うようになったそうです。

そしてその日に、前年の厄を払い、新たな年に向けて、頑張ろう!と心に誓い、

前に進み出すのです。

 

人間の心の中には、鬼とそれをやっつける善玉が住んでいます。

今、声優・俳優科では、来る2月11日のプレゼン公演に向けて、実践クラスが

悩み、苦しみ、もがいています。

私は、各クラスを回って、鬼退治をしています。

「ピュアな気持ちで、思い切り演じなさい」......と。

心の中の鬼を追い払い、頑張って演じて欲しいと、願いつつ......

 

     プレゼン公演とは声優プロダクション、約30数社をお招きして、当校の実践クラスを卒業する

生徒をオーディションして貰い、所属を決めていただくイベントです。

 

プレゼン公演はHPから申し込んで頂ければ、見学出来ます。

声・俳のイベント情報も覗いて見てください。

 

1