映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【映像翻訳】専用ソフトを使って字幕にチャレンジ!

2011年12月28日 17:14

アカデミアでは年内の授業は全て終了し

今日は大掃除をしました。

明日1229日から2012年1月4日までは

お休みをいただきます。

 

2012年最初のクラスは1月7日土曜の

映像翻訳科 研修クラスになります。

この日の授業はSST―G1の基本操作について。

皆さん 初めてSST―G1に触ることになります。

 

実はそのSST―G1を使っての短期セミナーが

2012年1月18日・25日・2月1日の水曜日に行われます。

翻訳をやってみたことがない人を対象としたコースですが

最新のことにもちょっと触れてみたいという

欲張りの人向けのコースです。

それがアッと驚くほどの受講料で受けられます。

講座名は

 

専用ソフトを使って字幕にチャレンジ!

  ~基礎から学ぶ字幕翻訳講座~

 

詳しくはHPをご覧ください。


それではみなさん、よい年をお迎えください。

 

 

 

【声優・俳優】満を持して、青山穣さんの登場です!

2011年12月27日 11:44

卒業生インタビューについに青山穣さん(ケンユウオフィス)登場です。
http://www.vta.tfc.co.jp/actor/graduation/10a_aoyama.html
声優・俳優科の1期生で、みなさんも一度聞いたら忘れない声の持ち主です。
内容も濃く、面白いです。ご一読を!

【声優・俳優】エデュパ養成所ツアーが再びやってキタ~~!!

2011年12月20日 22:24

どうも、男守骨斗です。

 

久しぶりのブログです。

 

久しぶりすぎて、どんな感じで書いていたのかさっぱり思い出せないのですが、何だか書く気になっているので、10日前のことを思いのままに書きたいと思います。

 

 

 

 

12月10日、土曜日。

 

 

朝の天気予報によれば今年一番の冷え込みになるだろうとのこと。毎日そう言っているような気がしないでもありませんが、そんなことより、この日に行うエデュパ養成所ツアーの参加者が「ヤダヤダ、寒いから行きたくなーい!」なんてダダをこねたりしないでちゃんと来てくれるだろうかと、そのことばかりが気になっていました。

 

 

この「エデュパ養成所ツアー」とは、芸能・マスコミ関係を目指す人たちを30年以上サポートし続けている進路情報誌「エデュパ芸能ガイド」を発行している㈲夏書館が企画したものです。

 

 

声優になる夢を持ち、養成所を探しているという若者たちの集団が、都内の声優養成所数カ所を一日かけて巡るという、なかなかハードな、しかし参加者にとっては、いくつかの養成所を一気に見て回れるので比較検討がしやすいという大きなメリットのある、とても革新的なイベントなのです。

 

 

10月に二度行われたのですが、二度とも20数名が押し寄せるという大盛況ぶり。もともと12月に行う予定は無かったのですが、リクエストの声が方々から聞こえてきたため、急遽行うことになったのでした。

 

 

朝10時。参加者たちが映像テクノアカデミアの5階の教室に入ります。人数こそ13名と前回を下回りましたが、意気込みと熱意は決して劣っていません。ビシビシビシッと伝わってきました。

 

 

「おはようござます!!」

 

 

......み、みんな、声がデカイ。いや、声優を志す者、発声は基本中の基本。このくらいは当然ですね。

 

 

DSC_0005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やがて学校についての説明が始まったのですが、みんな真剣な眼差しでしっかりと説明に耳を傾け、時折メモを取っていました。うん、なかなかの集中力です。

 

 

そしていよいよお楽しみのアテレコ体験。台本を渡された瞬間にさらに表情が輝いたのは、使用する映画があの「ハリー・ポッター」だったからに違いありません。何て分かりやすいリアクションなんだ!

 

...いえいえ、正直でいいと思いますが。

 

 

DSC_0038.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多少の実力差はあったものの、みんな臆することなく、役を演じること、役を通して自分を表現することを存分に楽しんでいた様子。

 

 

ディレクター(私)のアドバイスを受け止め、何とか応えようとするのですが、なかなか思ったようにできず、悔しそうにする人たちも多く見られました。

 

 

彼らの本気に、こっちも本気で応えたいと感じた、そんなエデュパ養成所ツアーでした。

 

 

 

DSC_0061.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは最後、届けとばかりに大きな声で...

 

 

 

 

 

 

ツアーに参加したみんなー!

 

 

私は映像テクノアカデミアでーー!!

 

 

待ってるぞーーー!!!

 

 

 

 

 

【映像・広告】短期講座「ショートムービーを作ろう!」

2011年12月20日 13:10

映像・広告クリエイター科では、「ショートムービーを作ろう!」と題して、これまでまったく関わったことがない初心者向けに4日間で体験する「映像制作短期コース」を開講しました。

ここでは、企画から演出、撮影、編集までを学び、「映像を創る」ことには、どのような面白さがあるのだろうか、を知り、興味を持って頂くことが大きな目的です。

一言に「映像を創る」と言っても、いろんな要素が含まれています。

まずは、頭の中で考えていることを映像化する難しさです。

頭の中では映画監督「黒澤明」と同じように創れると思っているかもしれませんが、いざ作品の形にした場合、なんと自分にはこんな稚拙なものしかできないのか、と思い知ることになります。

ただ、映像を創るスタートでは、このことが大事となります。自分の力を知る、ここからいろんな経験をしてスキルを磨いていきます。創る仲間とデスカッションし、ときには悔しさを味わい、それをバネにして、さらなる良いものを創ることに挑戦していく、あるいは思いもしなかった発見があって創る喜び味わったり、常に刺激的な場面が待ち構えています。

この短期講座では、映像を創るプロが直接指導します。

制作プロセスの中で、思わぬ発見があるかもしれません。

映像を創るって、こんなに面白いんだ、とさらに深く入り込みたい気持ちに駆られるかもしれません。

映像を創る上で、さすがにプロの技、プロの考え、は違うと感心することがあるかもしれません。

どのようなことでも言えることですが、なにか形にすることによって、初めて自分の思っていることが良くも悪くも再認識できます。

どうか、短い期間ではありますが、ともに映像を創る喜びを共有しようではありませんか。

皆様の御参加をお待ち申し上げております。

                                  

 tate.jpg

1