映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年1月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

【映像翻訳】吹替翻訳と字幕翻訳をダブルで?!

2012年1月25日 17:10

以前のブログで朝日新聞の記事を取り上げ、最近吹替の需要が増えているというお話をしました。

ところで吹替と字幕の翻訳の違いを皆さんどのくらいご存知でしょうか?
一般に字幕は1秒4文字をルールに作りましょう、なんていわれています。では吹替はルールはないの?
まったく別なものなの?

そんな疑問も出てくると思います。

アカデミアの映像翻訳科では、2月19日(日)に学校説明会と一緒に体験イベントを開催いたします。
その名も【吹替翻訳と字幕翻訳をダブル体験!!】

サンドラ・ブロック主演の『しあわせの隠れ場所』を題材に、字幕と吹替、同じシーンで両方の翻訳を体験していただきます。

字幕はSSTというソフトで実際に画面にのせて見ることができます。
そして吹替は、その場で声優がセリフとして当ててくれるのです。

これってすごくないですか?

とくに吹替に関しては、仕事として翻訳を頂かない限り、自分のセリフを読んでもらうことはなかなかありません。

これは、日本語版制作プロダクションの東北新社が運営する学校だからです!
こんなチャンス、なかなかありません。しかも参加は無料。

今すぐ予約を!!!

【映像翻訳】escala読者限定イベントを行いました

2012年1月23日 15:44

1月22日(日)、悪天候にもかかわらず、20数名もの方々にお集まりいただき

①映像テクノアカデミア事務局長・小柳によるall about 映像翻訳

②「24」の翻訳者・林完治さんによる字幕翻訳体験レッスン

③当校の卒業生で、「ゴシップガール」の翻訳者・櫻田美樹さんとの懇親会

の3本立てプログラムでイベントを行いました。

 

そもそもescalaって何でしょう? 運営している(株)マイナビさんによると、フリーマガジンやインターネットを通して働く女性を応援するコミュニティサービスとのことですが、確かにスキルアップやこれからの自分を真剣に考えている女性にお集まりいただいたような気がします。

 

2012_01エスカーラ 007.jpgのサムネール画像のサムネール画像 

 

翻訳業界の第一人者のひとり、林完治さんによるレッスンはとても実践的で

「映像翻訳の楽しさと難しさがわかった」

「プロがどうやって字幕をつくっていくのか見られて良かった」

「キャラクターによって言葉を選ぶのが楽しかった」

「翻訳業界のことがわかった」

といった感想をいただきました。

 

櫻田美樹さんはOLから一念発起してスクールで学び、憧れの映像翻訳者になったという方で、そのお話は参加者の方々にとって身近な成功事例のひとつ。

お茶を飲みながら、お菓子を食べながら、ざっくばらんに、和気あいあいと会話が弾み、さらに林完治さんも話に加わり会場は大盛り上がりでした。

 

次回の同イベントは3月4日(日)開催。

http://escala.jp/event/120304/

 

皆さん、是非一度体験してみてください。

(p)

【スタッフこぼれ話】洋画みるなら字幕より吹き替え?!

2012年1月17日 15:05

昨日の朝日新聞の文化面に、洋画から字幕が減り、吹き替え版の占有率が増えているという記事がありました。

衛星放送でも映画館でもこの現象が起こっているようです。

要因としては、高齢層が字幕を読みにくなった、吹き替え版は作業をしつつの「ながら視聴」ができる。
また、洋画の作品自体も家族向けアニメ作品や3Dが増加したためとあります。

東北新社では字幕版も吹き替え版も制作しておりますが、やはり吹き替え版の仕事増を肌で感じます。
劇場公開大作は必ず吹き替え版が制作されますし、いまや字幕版だけのDVDも珍しいものとなっています。
最近の邦画の盛り返しにより、同じ条件下で鑑賞するようになったともいえますね。

個人的には、テーマが複雑な法廷もの、サスペンスもの、そしてやはり3Dは吹き替え版でみますね。セリフの情報量が多いので、作品の理解も深まります。あとはやはり魅力的な声優さんの出演作は、吹き替えで見たいと思います。

みなさんはどちらでご覧になりますか?

アカデミアでも、映像翻訳科は、字幕も吹き替えも、ボイスオーバーも翻訳できないといけないといけない!と叱咤しカリキュラムを組んでいます。声優・俳優科は、増加する需要にいつでも対処できるよう、日々勉強しています。生徒のみなさん、この時流に乗って、ますます頑張りましょう!



※ちなみに朝日新聞のこの記事の写真、アカデミア内にあるスタジオでの収録風景です。
東北新社グループのスター・チャンネルにて、2月より放送予定の「ダウントン・アビー」の収録です。こちらもぜひ、吹き替え版でごらんください!




【声優・俳優】プレゼン公演まであと一ヶ月!

2012年1月12日 16:50

寒いですね~。今日は新宿でもこの冬一番の寒さでした。

身の引き締まる冬、声優・俳優科の生徒たちは一段と身が引き締まっています。
なぜならば、一ヵ月後の2月11日は、プレゼン公演が開催されるからです。

実践クラスの生徒たちは、一年間この日のために練習を重ねてきたのです。

たった1分という短い時間の中で、今の自分のすべてを出し切らねばなりません。

あと一ヶ月、生徒たちの姿を追う、プレゼン公演カウントダウン!というコーナーを新設しました。

緊張感高まる様子を、ぜひ追体験してください。

また、プレゼン当日は、見学も可能です。見学しつつ学校説明会にも参加できますので、ご興味ある方はこちらからお申込ください。


【お知らせ】新年 明けましておめでとうございます。

2012年1月 6日 10:55

映像テクノアカデミア生の皆さん、今年は希望溢れる年にいたしましょう。

アカデミアの業務は今日5日から開始しました。事務局スタッフ一同も新年の挨拶のあと、一人一人今年の抱負を発表しあい、だから当然大笑い!しながら、和やかに業務スタート。

 

今日くらいは、自主練のための教室使用はないだろうな・・・・と勝手に想像していたところ、午後になってなんと生徒さんがやってきました。

プロステージの"織部りえ"さん。

年の初登場、初練習。5階の教室を独り占め。

年始初練 009.jpg


今日くらいは思う存分使ってください、思う存分歌ってください。

授業開始は7日(土)からですが、来週半ばまでは教室は空いています。自主練申し込みはお早めに!

 


さて、今年映像テクノアカデミアは今までより一層、その名前を世の中に告知するために各科は特別授業、特別イべントをいろいろ企画しています。すでに短期の特別授業はHPで告知済み。


イべントについては何が飛び出すでしょう?少しずつこのブログでも紹介してゆきましょう、お楽しみに!


1