映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

【声優・俳優】秋の試演会~専科特訓コース Vol.2~

2012年7月31日 16:41

声優・俳優科では、きたる9月17日(祝・月)に専科特訓火曜コース、専科特訓日曜コース、そしてプロステージⅠの3クラスが、アカデミア5階特別ステージで試演会を行います。

7月より各クラスとも試演会に向けて練習を始めています。
演目は以下のとおりです。

専科特訓火曜クラス・・・・「杜子春」 演出/片岡富枝
専科特訓日曜クラス・・・・「赤い太鼓」 演出/田原アルノ
プロステージⅠクラス・・・・「山の手合唱団」 演出/一の宮はじめ

本番まで、各クラスの出演メンバーにリレー形式で練習風景をブログに書いてもらいます。

今回も専科特訓コースの近内仁子さん、二回目のレポートです。

======================================================================

ロンドンオリンピック開幕しましたね!!

 そのロンドンの裏側の
 専科特訓(火)コースの稽古場もまた、熱い熱い戦いが繰り広げられています!

NEC_1469.jpg
柔道!?空手!?稽古なのか!?本気なのか!?果し合いか!?




NEC_1471.jpg

 そんな二人の対決を温かく見守る片岡先生♪:*:・°★,。・:*:・°




NEC_1473.jpg

 やり投げ?やり投げにしか見えない・・・オリンピックの時期だけに。

 さて問題です。
この人の役柄は何でしょう?今も昔も有名な偉い方です。

 ヒント:
 ①コメントが辛口
 ②自分の名前が付いたノートを持ち歩いている
 ③片岡先生の理想の伴侶




 答えは、9/17の本番をお楽しみに~o(*^▽^*)o~♪

【声優・俳優】秋の試演会~プロステージクラスⅠ Vol.3~

2012年7月27日 14:07

声優・俳優科では、きたる9月17日(祝・月)に専科特訓火曜コース、専科特訓日曜コース、そしてプロステージⅠの3クラスが、アカデミア5階特別ステージで試演会を行います。

7月より各クラスとも試演会に向けて練習を始めています。
演目は以下のとおりです。

専科特訓火曜クラス・・・・「杜子春」 演出/片岡富枝
専科特訓日曜クラス・・・・「赤い太鼓」 演出/田原アルノ
プロステージⅠクラス・・・・「山の手合唱団」 演出/一の宮はじめ

本番まで、各クラスの出演メンバーにリレー形式で練習風景をブログに書いてもらいます。

今回はプロステージクラスⅠの3回目です。

======================================================================
みなさまこんにちは。
御徒町りえ(オカチマチリエ)役の織原りえです。
ワタクシはこの役名が非常に気に入っておりまして
特に御徒町の御(おん)の字に
ノーブルな風を感じております。
御織原りえに改名しようカシラ。
オンオリハラリエ。なんか呪文みたい。
image.jpgところで今日はワタクシの学友を紹介しますわね。
この方。
目白カナコ役の小島加奈子さん(写真左)。
通称コジカナちゃんですわ。
ご覧のように仔鹿のような
細長い手足をお持ちです。
ああうらやましい。
写真は微笑むコジカナちゃんと
ほくそ笑むワタクシですわ。
よろしくどうぞ。

御徒町りえ



次回はそろそろ物語の内容が知りたいですね。
期待しましょう!

【声優・俳優】秋の試演会~プロステージクラスⅠ Vol.2~

2012年7月25日 13:10

声優・俳優科では、きたる9月17日(祝・月)に専科特訓火曜コース、専科特訓日曜コース、そしてプロステージⅠの3クラスが、アカデミア5階特別ステージで試演会を行います。

7月より各クラスとも試演会に向けて練習を始めています。
演目は以下のとおりです。

専科特訓火曜クラス・・・・「杜子春」 演出/片岡富枝
専科特訓日曜クラス・・・・「赤い太鼓」 演出/田原アルノ
プロステージⅠクラス・・・・「山の手合唱団」 演出/一の宮はじめ

本番まで、各クラスの出演メンバーにリレー形式で練習風景をブログに書いてもらいます。

今回はプロステージクラスⅠの二回目です。

======================================================================
プロステージクラス、山の手合唱団の稽古場レポート!
今回は原宿ユカ役の藤井由佳と、秋葉カイ役の浅沼海がお送りします(^-^)人(^-^)


おや~?
なにやらピアノの前で真剣です...☆

F1000319.jpg
お一人は『山の手合唱団』の生みの親、一の宮はじめ先生(´ω`*)


対するは御徒町リエ役の織原りえさんです!!




この方、今回色々やります!
芝居はもちろん、歌う・踊る・弾く・投げる(?)


F1000321.jpg

前回ブログを書いた、田端カナ役の松宮可奈さんも猛特訓中です...!

何してるんでしょうね( ´艸`)


他にも『山の手合唱団』には個性的なキャラクターがいっぱい登場します♪




ぜひ9/17、見に来てください☆
お待ちしてます(^-^)人(^-^)

【声優・俳優】秋の試演会~専科特訓コースも本格始動!~

2012年7月23日 16:06

声優・俳優科では、きたる9月17日(祝・月)に専科特訓火曜コース、専科特訓日曜コース、そしてプロステージⅠの3クラスが、アカデミア5階特別ステージで試演会を行います。

7月より各クラスとも試演会に向けて練習を始めています。
演目は以下のとおりです。

専科特訓火曜クラス・・・・「杜子春」 演出/片岡富枝
専科特訓日曜クラス・・・・「赤い太鼓」 演出/田原アルノ
プロステージⅠクラス・・・・「山の手合唱団」 演出/一の宮はじめ

本番まで、各クラスの出演メンバーにリレー形式で練習風景をブログに書いてもらいます。

今回は専科特訓(火)クラスの近内仁子さんです。

======================================================================

7/17(火) 
関東梅雨明け宣言!
30℃越え。暑い・・・暑い!暑い!暑い!!ですっ!
夏が始まりました。

そして専科特訓火曜クラス「杜子春」の稽古も構成・キャスト・演出が徐々に固まり
いよいよ9月の本番に向けて本格的に始動です!

NEC_1451.jpg






片岡先生のグッとくる細やかな愛ある1人1人への演出・コメントを受け
NEC_1438.jpgNEC_1443.jpg授業最後の5分
各自の作品に向けての抱負を語りました。
NEC_1439.jpg
外の暑さに負けない
熱い稽古場です!

ふっふっふっ・・・すごい作品になりますよ。  


どんな抱負なんでしょう・・・?!!
気になります。。。。あの「杜子春」がどういった演出になるのか。楽しみです。

=============================================================== 映像テクノアカデミア 声優・俳優科 秋の試演会

9月17日&22日の二日間、映像テクノアカデミア5階D教室にて

時間  13:30開場  14:00 開演

入場無料 どなたでもごらんいただけます!

【映像翻訳】今年もコラボ授業やってます。

2012年7月17日 15:50

2012年7月16日海の日、晴天。

学校に来るより、プールか海に行きたくなるようなピーカン。


映像翻訳科のコラボ授業選択者はそんなことを言っている場合ではありません。

今日は7月31日の原稿提出に向けて、川又先生の指導日。


映像翻訳科と声優・俳優科のコラボ授業も今年で3年目。今まではコンテスト形式だったので、講師は修正すべき点を挙げるだけの指導でしたが、今年からは映像翻訳科も声優・俳優科もそれぞれのグループがそれぞれのグループの持ち味を生かし、一番いい作品を作れるように、両科の講師も徹底的に指導することになりました。

作品は昨年同様30分のシットコム、フレンズ。

 

今日は川又先生が指導をする3グループが2時間ずつ指導を受け、尾形先生が指導する2グループは来週指導を受けます。

学生は事前に原稿を提出しているので、細かい指導が受けられそう。

 

2012コラボ 020.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


まずは学生から質問を受け、講師が答えるというオーソドックスな始まり。

質問は...


・ラフ(笑い)の入れ方

 どういう時に入れて、どういう時に入れなくていいのか

 しゃべっている途中の小さなラフは入れなくていい


F(フィルター)記号

 具体的にその箇所は記号が必要かどうか


ME

 MEとは? キスの音とかMEに入っていれば原稿に「キスの音」などは

入れる必要はない



などなど。

 

次はなんと翻訳チームなのに、各メンバーに役を割り振り、頭から尺合わせ。

歌あり、拍手あり、笑いあり、涙あり?


原音に合わせて読んでいって尺の細かい指導。

1文字多い」「1文字少ない」から始まり、ラフにかぶっている俳優の「あー」など、プロに求められるとても細かい指導。

ガヤもみんなでワーワーやったり、歌が終わると拍手が起こったり、みんなで1つの作品を作り上げているという、グループ内の一体感はさらにUP

 

 

2012コラボ 026.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


一方、別の教室では、次の指導を受けるグループが自分たちの翻訳で気になる点などを皆で討論中。ここで川又講師にする質問をまとめているのかな。しかし自分たちの指導の2時間近く前に集まるなんて普段の授業ではあり得ないよね。

 

 

 

2012コラボ 028.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


最初の教室に戻ると、川又講師の熱血授業は続いていた。1シーンだけ皆で読み合わせて、それ以降は原稿ベースでのチェックに。全部読んでいたら2時間で終わらないですからね。


気になる箇所は、原音や画を確認しながら、じっくりと進むのですが、川又講師から出てくるのは、「ダメ出し」「ダメ出し」「ダメ出し」。

答えを与える指導ではなく、「他に代案はあったか」「原文の意味は?」などいろいろな角度からアプローチをして、学生からいい翻訳を引き出す。やっぱり授業はアメとムチ。

ダメ出しの嵐の後は「ここはうまい」と褒めてもらい、やる気もUP

 

 

最後はお笑いを見て、分析するよう指導。

「この前ふりがあるから、ここで笑いが起こる」というように。

 

7月31日は第1回目の翻訳アップ。そこから昨日行われた声優・俳優科のオーディションに合格したメンバーとのコラボが始まる。2回の指導は8月後半のアフレコ原稿提出の前になります。


アカデミアの夏はまだまだ暑い。

1  2