映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【声優・俳優】コラボ授業2012 大成功のうちに幕を閉じる!

2012年9月25日 15:53

2012コラボ試写講評会-005.jpg今年で3年目を迎えた声優・俳優科と映像翻訳科のコラボレーション特別授業。
9月頭に収録作業も終え、最後のイベントである試写会&講評会が9/23に行われました。
授業の開始は暑い7月だったのに、気が付けば秋の気候になるほど、長丁場の取り組みでした。(これまでの授業の様子は過去のブログをご覧くださいませ)
会場の4階C教室ではA~Eチームがチームごとに陣取っています。どちらの学科も交じり合い、チームの団結力が感じられます。

今年は例年までのコンテスト形式を廃止し、各チームの日本語版に、講師が講評するという形をとりました。各チームへの担当講師(翻訳、演技)が、完成品にたいしての評価を伝えます。

教材となった作品は「フレンズ」の中の1話。
この日、生徒たちは自分たちの完成版を見るのも、他のチームの作品をみるのもはじめて。スタジオで精一杯やりきった成果を目の当たりにします。
Aチームから一気に上映が始まります。

2012コラボ試写講評会-012.jpg 当事者たちは、いろいろな思いに眼を覆ったり苦笑いしながら。他のチームは素直に笑ったりしながらの鑑賞。
自分の声ってマイクを通すとこんな風に聞こえるの?
同じ作品でも翻訳が違うと全然違うものになってる。
他のチームは結構自由に翻訳をしてるなあ・・・
全体的にセリフが短い!あと2文字は入る。

そして講師からの講評。


2012コラボ試写講評会-028.jpg
各チームごとに個性もあり、その上コメディだけに面白くなければならない。
なかには笑いを追及するあまり、日本の人名や流行のギャグをちりばめたチームも。
しかし講師は、やはりこれは海外ドラマ、場所はNY。そのエッセンスを消すようなことはしてはいけない。と講評



2012コラボ試写講評会-jpg 最後は、2日間に亘って5チームすべてのディレクションをした(これは本当に大変なんです)声優・俳優科の佐藤宏樹学科主任より、40名の声優(生徒)一人一人への公開ダメ出しが!!
これは愛情です!プロになったらこんなこと、してもらえません。1人1分、40分かけての講評でした。

どちらの学科の生徒も、お互いの考えていることや立場をはじめて理解し、時にはぶつかりながら、まさに原稿を推敲し、演技を練り上げてきました。生徒たちにとってはオリンピックにも負けない暑い夏だったことでしょう。
しかし、これは両学科のお祭りではありません。つねに講師たちは「これが仕事だったら・・・・。プロとしてみたときに・・・・」という言葉を使い続けました。
コラボレーションすることで、プロの現場を追体験し、緊張感・責任感・リカバーする瞬発力を感じてほしかったのです。


そして事務局として願うのは、生徒たちがこの先お互いプロになって、同じ仕事の現場で再会できる日が来ること。更なる精進を期待しています。
皆さんおつかれさまでした!

以下は生徒たちのアンケートより、来年度の受講生たち向けてのメッセージです。

【映像翻訳科】
・今回ははじめて声優の気持ちや立場になって訳すことができました。とても貴重な経験でした。(自分の台本が至らないのに声優がダメだしされるのは非常につらかったです)
・"自分"が見えてくる授業です。ぜひやってみるべきです。
・声優俳優科と映像翻訳科が両方ある学校ならではの授業です。参加すると成長できます。
・授業では気付かないことや、練り上げる上で手ごたえを感じました。
・チームなので進めていくので、時には喧嘩も。でも視野が広がり、自分のレパートリーも増やせます。
・とにかく達成感がすごいです!

2012コラボ試写講評会-0230.jpg 【声優・俳優科】
・苦労は買ってでもせよ、を地で行く授業です。
・翻訳者さんの苦労をはじめて知りました。ひとつの作品をみんなで作り上げる喜びを味わえます。
・自分のを見つめなおし、他人の演技を吸収することができますよ!
・人生に影響あること間違いなしです。
・今の自分のレベルを痛感する良い機会だと思います。
・絶対に損はないです!受講すべし!

【声優・俳優】秋の試演会~プロステージクラスⅠ Vol.4~

2012年9月14日 10:50

声優・俳優科の秋の試演会第一弾がいよいよ今週末に迫ってまいりました。

【第一弾】
9月17日(祝・月) 14:00開演
専科特訓火曜クラス・・・・「杜子春」 演出/片岡富枝
専科特訓日曜クラス・・・・「赤い太鼓」 演出/田原アルノ
プロステージⅠクラス・・・・「山の手合唱団」 演出/一の宮はじめ

【第二弾】
9月22日(祝・土) 15:00開演
トータル・トレーニング・コース・・・・「いつまでも子供」 演出/小山ゆうな
俳優研修クラス・・・・「スノーホワイト」 演出/川端慎二
俳優実践クラス・・・・「十二人の怒れる男」 演出/佐藤宏樹

開場は開演の30分前。場所は映像テクノアカデミア5階D教室です。
入場無料です。


これまで稽古風景を生徒たちにリレーで綴ってもらったプロステージクラスも、最後の大詰めを迎えているようです。

はじめまして!
山の手合唱団(を見学に来た)ローバー松本こと、松本大督です


さてさて本番も近づいて参りました!

山の手合唱団の皆さんも、刑事である僕と先輩も、全力で頑張っています!

僕は写真が趣味で、日々、皆さんが歌っている姿を楽しく撮っています
p1020621.jpg p1020650.jpg
きっと観に来てくださる皆様も、楽しい気持ちになっていただけること間違いなしです!

それでは、本番を楽しみにして下さい!

ローバー松本

【声優・俳優】コラボ授業、収録順調!

2012年9月12日 14:12

コラボ録音20120901 001.jpg去る9月1日(土)、2日(日)に、声俳・映翻のコラボレーション特別授業の5チーム のアフレコが、映像テクノアカデミア内収録スタジオにて行われました。
このスタジオは、ほぼ毎日、海外ドラマや映画のアフレコ収録が行われている現場のスタジオ。
普段は、プロの声優さんたちが声を吹き込んでいるブースに声優・俳優科の生徒たちが入り、プロの翻訳者や クライアントが座るコントロールルームで映像翻訳科の生徒たちが収録を見守ります。


今回は、映像翻訳科の生徒の目線で、当日の様子をレポートしてもらいました。


「次の場面替わってからのチャンドラーのセリフ、 パクってるから撮り直し。 その次のロスのセリフもパクってる。その後のレイチェルも。」
佐藤宏樹ディレクター(声優・俳優科学科主任でもある)の矢継ぎ早に出る 「パクり」の指摘に、私は焦った。
声俳(声優・俳優科のこと)の学生たちとの練習で何度も何度も 尺合わせを確認した。それなのにこんなに口の動きよりセリフが短いなんて。
確か佐藤ディレクターはロールを3つに分けて収録すると言った。
まだ1ロールめなのに、この先どうなるのだろう。

コラボ録音20120901 005.jpg 今日9月1日は映像翻訳科と声優・俳優科のコラボ授業 仕上げの日。
スタジオでのアフレコ収録の日だ。映翻(映像翻訳科のこと)の学生ができることは 全て終わってるので、安心安心と思っていたが、
いざ、声俳の学生が地下のブースへ、私たちは1階のブースへと 移動するとなぜかドキドキしてきた。
席に着くと佐藤ディレクターが収録で注意すべきことや マナーについて親切にまずレクチャー。
モニターを見ると地下のブースでは声俳の学生が ミキサーさんからいろいろ説明を受けていた。 更に心臓の鼓動が早くなる。

思えば、この2ヵ月は忙しかった。まずグループ全員で 全編を翻訳し持ち寄った。ブラッシュアップを重ね、 何とかできてきたと思ったら、尾形先生から 細かいところから大きなところまで全編にわたる指導を受けた。
その後始まった声俳とのコラボや声俳の一の宮先生の授業での 「会話になってない」自分たちの台本へのダメだし。

感傷にふけっていると、いつのまにか2ロールのテストが終了。
ディレクターから声俳の学生へ「心の流れを考えろ」「滑舌が悪い」との指導。
全ての指摘が自分たち翻訳する者の心にも突き刺さる。
自分はこの登場人物の心の動きを考えてセリフを作っただろうか。
言いにくいセリフにしてしまっただろうか。
心臓が口から飛び出しそうだ。

コラボ録音20120901 035.jpg 自分の仕事は終わっているなんてお客さん気分で収録に臨んだ自分が恥ずかしい。

無事に3ロール全部の収録が終わった。感動!
9月23日の発表会&講評会で自分たちのチームの"作品"を見られるのが待ち遠しい。
もちろん。他のチームの作品を見るのも楽しみだけど。
1本の作品を制作するのに、こんなにも多くの人の力が必要だなんて思いも寄らなかった。
その中でも基本になる、翻訳がいかに大切かを考えると恐怖で心が震えるが、 文字に書かれたセリフを、生きた会話にしてくれる声優やディレクター、ミキサーの方々の サポートがあると考えると、今度は温かさを感じて心が震えた。

翻訳科の先輩が言っていた。
プロになってから、コラボで一緒だった声俳の元学生が自分が翻訳した作品の収録で一緒になったことがあり、お互いハグしたい気分になったと。


私も味わいたい、そんな気分を。いや、私ならきっと本当にハグする!



実際の現場では、セリフの直しも頻繁に発生し、その際に即座に代案を考えるのが翻訳者の重要な仕事。
今回の収録で、映翻の生徒たちもなんども考えたことでしょう。

アフレコ終了後、何日かかけて、今は佐藤ディレクターとミキサーさんとでダビング (収録したセリフとME(音楽・効果音)をミックスする)作業をしています。
こうしてはじめて、各チームのオリジナルの日本語吹替版が完成します。


このお披露目会である講評会は9月23日!果たして各チーム、どんな仕上がりになっているのか?!
楽しみです。

【映像翻訳】コラボ授業台本UP!

2012年9月 4日 11:58

映像翻訳科 学科主任の鈴木です。
鈴木がエジプトで「暑い 暑い」と思っていた時clip_image002.jpg 日本の映像翻訳科と声優・俳優学科のチームは、8月29日の最終アフレコ台本提出に向けて、エジプトの暑さなんて比べものにならないぐらいheat up していました。

そこで最終アフレコ台本提出後の翻訳科のコラボメンバーに
①声優・俳優学科の学生とのコラボ、または声優・俳優学科の授業を受けて学んだこと
②原稿を仕上げての感想
について聞いてみました。


①について
・とにかく、声優クラスの皆さんに言葉を立体的にしていただいた瞬間、感動した。
また、文字が音になって初めて、不自然な言い回しなどが分かったところがたくさんあった。翻訳家も、訳す&書くことから離れて何度も声に出して自然さを確かめる大切さを改めて実感した。

・当然のことですが、声優さんは私たちの作った翻訳台本をもとに作品を知るわけで、訳す側が理解していても読んだ相手が分からなくては演技の仕様がない。セリフのちょっとした語尾の違いや選んだ単語の違いで、声優さんのお芝居がこんなにも変わるのものなのかと、改めて勉強になりました。同時に、ますます責任の重さを実感しています。

・自分で想像していた以上に、見る翻訳(字幕)と聞く翻訳(吹替)が違うということが、吹替翻訳を作る事を通しでやることで痛感しております。収録でまた学ぶ事が多々あると思うので、引き続き楽しみです。

・吹替翻訳とは、台本を作り上げること。セリフを、日本語を作ること。創るのではなく(吹替では通用しない文ですね)。
そしてその「音のドラマ」を発信する相手は、日本の視聴者であること。
・吹替というものは、こんなにも沢山の人が関わり、協力し、真剣に取り組む作品だということ。
身に沁みるには早すぎますが、関わっていたいなと改めて思える素晴らしい機会でした。
・川又先生、一の宮先生、声優科の方々にご意見をいただきながら台本を作り上げました。同じ台詞に対してもご意見は様々で、はっきり賛否が分かれることもあり・・・。その場の状況や要求に対し、柔軟かつ迅速に応じる翻訳力が必要だと痛感しました。
・声に出して台本を読む大切さが分かりました。
・より客観的な視点で「当たり前だけど見落としていたこと」を発見できて勉強になりました!
・読み方ひとつで表情が変わる台詞作りのおもしろさを体験できました。
・言葉遊びと言葉選びの楽しさを学びました。
・自分の翻訳で実際に演じてもらえるというのがいい経験でした。
・英語の原文が透けて見える翻訳の目指し方が理解できた様に思います。

②について
・長(中)編ものを訳す時、ひとつひとつのセリフも大切だけど、全体の流れをつかんで、訳しどころを落とさないことが大切だと思った。 ・瞬発力、ヤワらかい頭、自分を疑う謙虚さ、体力、落ち込まない図太さ。映像翻訳に必要なことを知りました!
・シーン事に大きなポイントが幾つかあって、それに持っていくための流れ作りの重要さを学びました。
・いい意味での、チームワークの危険さ。コメディならではのノリや起伏があったことで、楽しい所もそうでない所も全てが作品の一部だという事を痛感しました。
・自分にベターな台詞を求める高い意識と客観的な視点を、常に保っていこうと思いました。
・いいチームに恵まれて良かったです。
・ラフ(笑い声が入っている箇所)が難しかったです...。
・自分になかった考えをたくさん取り入れることができ、大変勉強になりました。
・学べた事が多く楽しかったです。
・チームメイトに触発されて、アイデアの幅も広がりました。楽しかった!
・wordの使い方から、言葉選びや発想の転換法など新しい知識が増えました。

はじめてのコラボレーションに、学ぶことは想像以上にあったようです。
講師の眼を通してみても、今年はどのチームも団結力があり、練習や授業もとても密度の濃いものになっていたようです。果たして結果は?!
9/1(土)に2チーム、9/2(日)に3チームのアフレコが実施されました。
近々その様子をアップしますね。こうご期待!
1