映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【映像・広告】「カンヌライオンズ2013報告会」第2部 ACC主催(@有楽町朝日ホール)

2013年10月 8日 16:59

DWTD3.jpgDWTD2.jpgDWTD1.jpg

休憩を挟んで第2部は

「7人のクリエイターが語る"映像こそ最強のコンテンツ"」

というもの。95分で7人の方々が喋るので各自の持ち時間は10分少々となる。
10分だと何も語れないんじゃないか?と以前は思っていたが
TEDのプレゼンテーションの番組を見るようになって考えが変わった。
10分あれば聴衆を刺激し心の中に残るプレゼンテーションが
できるんだなあとあの番組を見るたびに感心する。
そして、今回もそうだった。さすがの登壇者たちである。
広告会社のクリエイティブディレクターという仕事は
そういう能力が仕事を通じて自然と身に付くのか?
そういうことに秀でている人たちがクリエイティブディレクターになるのか?

まずはじめに、河野俊哉さん(博報堂)が"映像"をインバウンドコンテンツとして語ると題して、
今年のカンヌのトレンドに関しての話。
カンヌの現代史をまず語る。
2008年リーマンショックが起きて
2009年のカンヌは出品も参加者も激減する。
そしてカンヌ事務局はクリエイター以外のターゲットを新たに模索する。
それはマーケッターでありブランドマネージャーでありデジタル関連の人々だったり。
マス広告だけからすべての広告コミュニケーションが
カンヌで扱うジャンルとなる。
そしてついに2011年のカンヌからは「広告」(Advertising)の名前がなくなった。
そして試行錯誤を経て2012年は持続可能性(サステイナブル)
そして2013年は多様性(ダイバーシティ)であると河野さんは語る。
その代表的な例として「dumb ways to die」のキャンペーンが存在した。
このキャンペーン動画は様々なメディアで露出され
ラジオ媒体やそのほかのものにまで大きく拡がっていった。
そういう意味でも「映像こそ最強のコンテンツ」という言葉が
現実性を帯びてきている時代なのかもしれない。

続いてマッキャンエリクソンの溝口俊哉さんが
「dumb ways to die」を作ったメルボルンにある
マッキャンのCDジョン・メスカルさんのお話をレポートされた。
彼が大切にしているポイントはまっとうでシンプル。
外に出ていろんなものを見て、広告について学び続けることであると。
そこから何か新しいものを獲得し続けることだと。
そして広告の仕事はそれに加えてある種の「やんちゃさ」が必要だと
ジョンさんは淡々と語る。

続いて4人のそうそうたるパネラーたちが登場する。
澤本嘉光さん(電通)、北風勝さん(博報堂)野添剛士さん(SIX)
そして中村洋基さん(PARTY)それぞれがカンヌの映像作品の中で
これぞというものを挙げて「映像は最強のコンテンツ」ということを
再確認するという試み。

澤本さんはCM(広告)にはストリーテリングのあるものが好きだとおっしゃって、
自らもそうしたCMをたくさん手がけられている。
澤本さんが選んだのは2012年のカンヌ作品ロンドンの新聞
ガーディアン」誌のCM「3匹のこぶた」が検察に捉えられるという
事件をストリー仕立てで作ったもの。

http://www.youtube.com/watch?v=vDGrfhJH1P4

このフィルムはクラフトも含めて本当に良くできている。
そしてこうしたCMを見ると大きな刺激と勇気を与えてくれるのだ。
そういう意味でもカンヌの秀作には人々を動かすチカラがある。
そして、やはり映像がなしえる到達スピードは速く強い。

北風さんは1999年のカンヌ「independent

http://www.youtube.com/watch?v=j6DP2cXOe1A
これも新聞のTVCM。「don't」で始まる様々なことが
モノクロームの映像でつなげられている知性あふれるCM。

続いて野添さんは、ナイキの「 wright the future」20億円の
制作費をかけて作ったと言われているこのフィルム、
いったいどれくらい多くの人が見たことだろう。

http://www.youtube.com/watch?v=lSggaxXUS8k
いいコンテンツはメディアを超えて拡がっていく。
そうしたことを実感させてくれる映像だった。

野添さんはあらゆるコンテンツは等価に扱われると語る。
ハリウッド映画もTVCMもドラマも・・・・・。
中村さんは、2006年のカンヌフィルムグランプリの
「guiness」進化の逆を逆再生で描いたもの。

http://www.youtube.com/watch?v=rS3_jD_P51k

中村さんはインタラクティブな仕事が多く。
インタラクティブなコンテンツはストーリーは描かない。
ストーリーを作るのはその参加者であると。
どう創るのかという設定までを行うので、
フィルム部門のきちんと完成させるまでの仕事との違いを語っていた。

最後に電通の古川裕也さんが、チタニウム&インテグレイテッドライオンの
審査員を経験された経験を語った。お題は「広告会社の仕事」
そこで古川さんがおっしゃった3つのことは、

1、ゴールを高く設定すること、
2、ブランディングは相対的価値から絶対的な価値にシフトする、
3、課題の前にアイデアを提示すること。

の重要性を説かれていた。1はいわずもがな。
2は、今年のDOVEの例や「dumb ways to die」の
地下鉄の例を挙げ、DOVEは「美しいということはどういうことか?」を
気づかせるための本質的な価値がそこにある。

http://www.youtube.com/watch?v=KzMx-hATKwQ


地下鉄の例に関しては、安全運行というところから拡張して、
無駄死にしないぞ!というブランドの実現できる普遍的な価値を見い出して
クリエイティブワークを行っている。

http://www.youtube.com/watch?v=IJNR2EpS0jw


こうしたアイデアが課題を創造し、
その課題をストリーテリングにして表現するのに
映像メディアほど適したものはないのだ!と古川さんは言い切る。

カンヌの歴史の中でそこで行われていない
新たなことに日々挑戦しつづけることに価値を見い出すという意味でも
カンヌの「志」や世界の広告クリエイターの「志」は
イノベーションに満ち満ちていると言えるのではないだろうか?
なーんてことを古川さんのお話を聴いて考えた。

古川さんのお言葉を借りると
「カンヌの歴史的コンテキストを上書きできるものが受賞する」
ということ。

 

【映像・広告】「カンヌライオンズ2013報告会」第1部 ACC主催(@有楽町朝日ホール)

2013年10月 7日 14:20

f0064203_8363144.jpg

今年の報告会は、

~7人のクリエイターが語る"映像こそ最強のコンテンツ"~

という
タイトルがついている。
昨年の報告会はカンヌライオンズの各部門の日本の審査員が、
そのジャンルの特徴を含めてどれが印象に残ったのか?
という観点から語られた。
いきおい伝統のあるフィルム部門だけを取り上げることだけではなく、
サイバー、アウトドア、プロモ&アクティベーション、デザイン、モバイル
チタニウムライオンなどいくつかの部門が並列的に語られた。
「広告」という言葉が「クリエイティビティ」となり、それら全体を理解するという意味では
とても貴重な報告会だった。

が、この報告会の主催はACCである。TV放送局、広告主、広告会社、CM制作会社
が集まった団体ならではの報告会があるだろうという趣旨のもとに今回のタイトルが決まり、
それに沿った形で報告会が行われた。

最初のスピーチから最後に至るまでの進行を務められたのが
今年のフィルム部門の審査員を務められた鏡明さん。
鏡さんは個人的にSF本の書評家としての顔ももっている。
僕が最初に鏡明の名前を知ったのは「本の雑誌」の中で、
鏡さんが読んだSF本の書評のコラムの連載だった。

鏡さんはまずフィルム部門で印象に残ったものとして
3000本の中からグランプリを獲得した
「Dumb ways to die」

http://www.youtube.com/watch?v=IJNR2EpS0jw

の180秒のメルボルンの地下鉄の動画コンテンツ


「Beauty inside」という合計2時間半となるTOSHIBAの
インターネットムービーの紹介から始まり、
鏡さんが気になるキャンペーンをたくさん紹介していただいた。

http://www.youtube.com/watch?v=3GdWUjG72sk

今年からカンヌも予備審査というものが出来、
インターネット上で1人約700本のフィルムを延々と自宅や会社のPCを通じて
見続けるところから審査が始まったらしい。
そして3000本が2000本に絞られ、
さらにカンヌにてロングリストとして380本が残り
ショートリストとして280本が選ばれる。
この時点でようやくWEB上でリストが発表される。
そこからBRONZ,SILVER,GOLD,GRANDPRIXが選出されるらしい。

まず最初に鏡さんに見せていただいたのがショートリストにも
もれてしまったフィルム。フィルムの題名を忘れてしまいました。
鏡さんはこれをとても評価されていたのだが、実は以前に作られた
ラジオCMか何かのリメイクであるということがわかり、
歴史的な文脈を大切にするカンヌにおいてはいかに完成度が高くても
受賞に値しないということでショートリストにも入らなかったらしい。
オリジナリティということを大切にするという基本姿勢がここにはあるのだなと思った。

続いてGOLDの「Carton Draft」のビールのCM、

http://www.youtube.com/watch?v=oo5zwV6_yVs
ビールを持った強盗犯が警官に追われるのだが、
ビールを飲むので車を運転しての

カーチェイスを排除した追っかけっこにしたもの。

またクラフト部門でグランプリを獲得した
チャンネル4のパラリンピックをテーマにしたCMが素晴らしい。

http://www.youtube.com/watch?v=kKTamH__xuQ

ああいった撮影や映像編集がきちんとされたものを見ると刺激を受ける。
クラフト部門とは仕上がり全体を含めたものを評価する部門であり
制作会社にいる人はその仕上がりの良さを見て
現在の世界のレベルを確認することができる。

最後に鏡さんは「for the future」と題して未来へ向けての提言をされた。
そのためには世の中における「本当の課題」を見つけてそのための解決策を提示すること。
クリエイティブ・ブリーフを飛び越えてそうした問題を掘り起こすことが
本質的な意味でのインサイトを発掘することであると。
それを発見するためには、常にこれでいいのか?と疑い続け、
新たなことにトライし続けながら現状に満足しないで
世の中の流れを見続けること。

この気持ちを常に持ち続けることが大切だ!というお話をされた。

【お知らせ】キラッキラです!「恋するリベラーチェ」公開まであと1か月!!

2013年10月 1日 15:24

主演のマイケル・ダグラスが、本年度のエミー賞主演男優賞ほか、11部門を受賞したことで話題の映画「恋するリベラーチェ」が、11月1日に全国公開となります。
東北新社が配給・宣伝を手がけるこの映画を一足先に観てきました!


【恋するリベラーチェ】メイン2.jpg
その前に簡単にあらすじを・・・・

エルヴィス・プレスリーやエルトン・ジョン、マドンナやレディー・ガガの登場よりも前、リベラーチェという男がいた。
彼は名ピアニストであり、天賦の才能を持つ斬新奇抜なエンターテイナー、そして舞台やTVでは派手な衣装に身を包むスターだった。
1977年夏、そんな彼の元を見知らぬハンサムな青年スコット・ソーソンが訪れる。年齢も住む世界も異なる2人は、たちまちお互いの魅力に取りつかれ、5年間に及ぶ秘められた恋愛関係がスタートする・・・。



主演には、『ウォール街』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞を受賞したマイケル・ダグラス、『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』でアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞を受賞したマット・デイモンを迎え、その他にアカデミー賞/ゴールデングローブ賞/エミー賞ノミネートのデビー・レイノルズ(『雨に唄えば』『不沈のモリ―・ブラウン』)や全米映画俳優組合賞受賞/ゴールデングローブ賞多数ノミネートのロブ・ロウ(「ザ・ホワイトハウス」)などが脇を固める。
『サイド・エフェクト』を経て、本作を撮り終えた後、長期休暇に入ると宣言したソダーバーグ監督最新作であり、本年5月に開催された「第66 回 カンヌ国際映画祭」では、コンペティション部門でプレミア上映され、スタンディング・オベーションは鳴りやまなかったという本作。エミー賞受賞プロデューサーのジェリー・ワイントローブが製作総指揮を務め、
アカデミー賞ノミネートのリチャード・ラグラヴェネーズが脚本を手掛けた。
製作はグレゴリー・ジェイコブズ、スーザン・イーキンス、マイケル・ポレール、音楽は故マーヴィン・ハムリッシュが担当。(公式ホームページより)

まずはなんといってもマイケル・ダグラスの演技!さすがのエミー賞受賞です。もう圧巻。
恋人役のマット・デイモンも体当たりの演技で応えます。二人が出会い、惹かれあい、必要としあっている様子をのぞかせてもらいました。5年の歳月に寄り添うわけですが、二人がどんどん変化していくのも、見ごたえ十分です。脇役のロブ・ロウも個性的です。

この映画のおかげで、初めてリベラーチェという方を知ることができました。ピアノシーンも音楽も、彼の性格のごとくポジティブで楽しいのです。キラッキラ! ステージも衣装も!!

ともかくキラキラなこの作品、11/1より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。字幕翻訳は、映像翻訳科講師でもある東北新社翻訳室の佐藤恵子さんです。みなさんぜひご覧ください!

☆公式サイト     http://liberace.jp/
☆公式Facebook  https://www.facebook.com/liberace.jp

1