映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

【映像・広告】千代田区芸術祭にて映像編集クラス制作作品が上映!

2014年9月26日 14:55

映像作品を作ったからには誰かに見せるべきで、それが評価されたとなれば、こんなに嬉しいことはないと思います。
千代田区芸術祭で行っている10分以内の映像コンテストに、映像編集クラスで制作した作品「EIJI」を応募したところ、見事選考を通過し芸術祭期間中上映されることになりました。

アカデミアの映像編集クラスは、編集を軸に映像制作を学ぶクラスであり、技術オンリーのクラスではなく修了制作作品ではシナリオから撮影、編集まで生徒が行います。とはいえシナリオや撮影を本格的に学ぶクラスというわけではないので、1からの作品作りには毎年苦戦してもいます。
そんな状況の中で作った作品が外部コンテストで一定の評価を受けたというのは、制作に関わった生徒はもちろん、アカデミアスタッフにとっても嬉しいニュースでした。
先日、その千代田区芸術祭に上映作品を見に行ってきました。
アカデミアの作品が上映された時の観客の反応も気になりつつ、他の上映作品のクオリティも大変気になっていたのですが、さすが芸術祭だけあって、どの作品も自己主張の強い作品ばかりでした。アカデミアでは「まず観客に内容が伝わること」を前提に作品制作を行っているので、無秩序とも思える構成の作品、延々と続く実験映像のような作品、一瞬の笑いを追求したような瞬発力のある作品は新鮮でした。どの作品も個性があり野心的で、アカデミア出品作品も編集的に遊びのある作品でしたが、これらの作品に比べるとまだまだおとなしく感じられました。
遊びすぎるのがよい作品という訳ではありませんが、「個性の強さ」は見習うべきかもしれません。また今年ももうすぐ修了作品制作の時期に入りますが、さらにレベルの高い作品に仕上がるようサポートしていきたいです。

【スタッフこぼれ話】華やかしシリーズ物映画!

2014年9月22日 13:50

昨今、ひときわ映画のシリーズ物が劇場を賑わしている。企画の貧困と一言でかたづけてはいけない制作側の思惑が渦巻いているようだ。
明らかに1作目からシリーズを狙った内容の映画もある。(特出したヒーロー物は全てと言って言いほど顕著である)思いのほか最初の作品が大ヒットしたことで、シリーズ化を目論むこともある。
ただ、シリーズを重ねるごとに製作費が増して大活劇に仕上げていくのだが、内容は最初の作品を越えられないモノがあるようだ。例えば『ランボー』『ダイ・ハード』などはそうではないだろうか。
また『スターウォーズ』のように、エピソード4・5・6を公開したあとにエピソード1・2・3を公開するような配給か製作の事情かどうか分からないが、必ずしも話を順序立てて公開されているとは限らない物もあるようだ。
さて、ここでは、1990年『羊たちの沈黙』を話題にしてみよう。はたしてこの作品がシリーズ物を企てて制作されたのか分からないところがある。
それは、大好きな女優の一人であるジョデイ・フォスター(「タクシードライバー」「告発の行方」)が2作目の2001年『ハンニバル』に出演していないことでそうなのかな、と思うことがある。ちなみに「ハンニバル」はジュリアン・ムーア(「エデンより彼方へ」)が出演している。
2002年「レッドドラゴン」はエドワード・ノートン(「ファイト・クラブ」)の主演と続くが、ここまでの3作目まではアンソニー・ホプキンスがレクター博士としてレギュラー出演しているが、4作目の2007年「ハンニバル・ライジング」は、ギャスパー・ウイリアム(「ロング・エンゲージメント」)が主演している。ここではレクター博士の幼少期から青年期までを描いているのでアンソニー・パーキンスは出演していないのは当然だとしても、最終シリーズ作品でレクター博士の異常な精神構築がここに起因しているすごい話の展開に引き込まれた思いがある。第4作目にして初めて、レクター博士のむごすぎる若い時代を描いている。
いわば、シリーズの展開は過去へ遡っていることになるが、これは、第1作から意図的に企画されたのか分からない所がある。そしてこのような企画が最初からあったにしろ、次第に企画を考えていったにしろ、第1作から4作までひきつけられたシリーズ物はあまり他に浮かばない。
華やかし超ヒーローが活躍するシリーズ物と一味違ったシリーズ物が新たに出てくるのが待ち遠しい!

そして今、スターチャンネルでは、「レッド・ドラゴン」以前のレクター博士のドラマシリーズ「ハンニバル」第2シーズンが2015年にオンエア決定!今年中に第1シーズンのおさらいをおすすめします。

1