映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2017年12月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

【映像翻訳】2月も終わろうとしていますが...

2015年2月26日 11:19

 

2015年になったと思ったら、早いものでもう2月も終わろうとしています。

 

そこで去年2014年で鈴木がうれしかったことをひとつご報告。

 

ある午後、映像テクノアカデミアに電話がかかってきました。ドキュメンタリー作品のプロデューサーの方が、制作が終了した作品に英文字幕をつけたい、しかし、お金がないので、ボランティアで、という内容でした。

専科の学生に情報を伝えると、ある学生が手を挙げたのです。

 

私は他の仕事で忙しく、最初の打ち合わせぐらいしか顔を出せなくて、作業はその学生に任せっきりでした。

 

しかし仕事ってどう転ぶか分からないものです。なんとその作品が、東京国際映画祭で上映されることになったのです。英文字幕の翻訳デビューが何と劇場上演作品!? 

 

私も招待を受け、東京国際映画祭に観にいきました。

上映前の舞台挨拶での彼女の堂々とした対応ぶりには親のように喜び、クレジットに載っている彼女の名を見ては胸を熱くしました。

 

下の写真は、上映前の舞台挨拶の模様です。マイクを持っているのが

翻訳をした白神 愛紀子さん。

 

 IMG_1020.JPG

 

こちら作品「抱擁」のフライヤー。今年の夏に一般公開の予定です。

 

 IMG_1281.JPG

 

なんと彼女は監督たちと共にハリウッド俳優の歩くレッドカーペットも歩いたそうです。She deserves it!本当に頑張っていたので。

 

 

 

話は変わりますが、学校にとって一番忙しいのはopening closing の季節です。ちょうど今、来年度のカリキュラムについても、あれこれ考えているところです。

 

一度、アカデミアに来たことのある方はよくご存じだと思いますが、ここの建物は古いです。ですが耐震の検査は合格している強いビルです。

学校が開校して今年の4月で20周年なのですが、ここが学校になる前から、このビルはいろいろな会社や部署で使われていました。(外画制作事業部が使用していたこともあります)

 

私が学生として通っていたころから外観は変わりませんが、内部はいろいろ変わっています。トイレは全てウォシュレットになりましたし、エレベーターも今年の夏には新しくなる予定です。

 

でも一番大きく変わったのは授業内容です。

 

私がアカデミアへ異動してきた5年ほど経ちますが、その間に、


「現在、現場で求められている翻訳者の育成」に大きくシフトしました。

 

だから私は声を大にして言いたい。

 

古いけど新しい!

 

正に老舗のあるべき姿!

 

新宿の重要文化財的なこの建物の中で、日々行われている実践に則した授業。興味のある方は、ぜひ遊びに来てください。体験入学・授業見学・ミニガイダンス、いろいろ催しております。

 

映像翻訳科 鈴木 吉昭

【お知らせ】卒業生・在校生たちが大活躍! 『ヴァイキング~海の覇者たち~』 日本初放送!

2015年2月13日 16:40

卒業生・在校生たちが大活躍!

全米大ヒットの歴史ドラマ『ヴァイキング~海の覇者たち~』

222日(日)2100~ ヒストリーチャンネル独占日本初放送!

 

世界の歴史において、突如としてあらわれ忽然と消えた最強の集団"ヴァイキング"。

そんなアウトローたちが世界の歴史を変えた様子を描いた歴史ドラマ『ヴァイキング~海の覇者たち~』が、222日(日)2100よりヒストリーチャンネルで放送スタートします!

Vikings.jpg














© 2014 TM PRODUCTIONS LIMITED / T5 VIKINGS PRODUCTIONS INC. ALL RIGHTS RESERVED.



総製作費はなんと4,000万ドル!

アカデミー賞受賞作『エリザベス』などを手掛ける豪華スタッフが集結し、全米ケーブルテレビシリーズ2013年トップ10にランクインした大ヒットをドラマです。

 

本作は、実在したとされる伝説のヴァイキング王「ラグナル」の若き日を描いた壮大な物語。ヴァイキングたちの凄まじい生きざまや、彼らの闘いの物語が生々しく描かれ、家族・仲間との絆、そして部族の首長との対立から巻き起こる人間ドラマが8世紀末の北欧スカンディナヴィアを舞台に展開されます。

 "ヴァイキング"といえば「略奪者」のイメージが強いですが、実際には高度な造船技術や航海術など、当時の最先端技術を持ち合わせ、農業や漁業も営んでいたようです。そんな知られざるヴァイキングの姿と魅力に迫る歴史スペクタクル作品に、映像テクノアカデミアの卒業生や講師がこんなに関わっているんです。

 

【翻 訳】 川又勝利(映像テクノアカデミア講師)

大野万紀(映画翻訳専科 卒業)

【吹替演出】佐藤宏樹(声優・俳優科学科 主任、ディレクター)

【声の出演】玉木雅士(声優・俳優科 卒業)

(クライヴ・スタンデン〔主人公ラグナルの兄・ロロ〕)

※玉木雅士【卒業生インタビュー】にもヴァイキングについてインタビューしています。

声優・俳優科プロクラス在校生も多数出演しています。


217日(火)には、ゲストに俳優・永井大さん、映画コメンテーター・コトブキツカサさん、ヴァイキング専門家・立教大学準教授の小澤実が登壇するプレミア試写会&トークショーも開催される予定で、ますます盛り上がりを見せています。

皆さま、ご期待ください。

 

『ヴァイキング~海の覇者たち~』特設ページはこちら

http://www.historychannel.co.jp/vikings/

2/22()スタート

毎週()21:0022:00 (9)

※初回のみ21:0023:00 12話連続放送

【スタッフこぼれ話】2014年劇場公開映画マイベスト10~後編~

2015年2月 2日 20:19


皆さん、寒い日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。

これは内緒なのですが、私はヒートテック上下を着るのはもちろん、下は2枚重ねを始めてしまいました(大声)

 

さて、アカデミー賞授賞式が今月の22日に迫ってきましたがその前に、

私(原)の2014年劇場公開映画マイベスト10~後編~を発表したいと思います。

 

 

 

5.    ゴーン・ガール

http://www.foxmovies-jp.com/gone-girl/index.html

 

結婚5周年の記念日。誰もが羨むような幸せな結婚生活を送っていたニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)の夫婦の日常が破綻する。エイミーが突然姿を消したのだ。リビングには争った後があり、キッチンからは大量のエイミーの血痕が発見された。新妻失踪事件によってミズーリ州の田舎町に全米の注目が集まり、暴走するメディアによってカップルの隠された素性が暴かれ、やがて、事件は思いもよらない展開を見せていく。完璧な妻エイミーにいったい何が起きたのか・・・。

 

 『セブン』や『ゲーム』『ファイトクラブ』『ソーシャル・ネットワーク』『ドラゴンタトゥーの女』等を手掛けてきた(私が大好きな作品ばかり!笑)デヴィッド・フィンチャー監督の最新スリラー作品。全体を通してフィンチャー作品独特の薄暗くてシャープな雰囲気が漂う中、予想のつかない洗練されたストーリー展開に最初から最後までグイグイ引き込まれていきました。音楽は『ソーシャル・ネットワーク』の時にアカデミー賞で作曲賞を受賞したトレント・レズナーとアティカス・ロスが今回も担当しており、混沌とした世界観を演出しています。公開直前にカップル限定試写会が開かれたのですが、その後参加者たちがどうなったのか追跡調査をして発表して欲しいです。私の友達は奥さんと一緒に本作を観た次の日、奥さんに花を買って帰ったそうです。未見の方で恋人がいる方は是非カップルで観ることをオススメします。結局フィンチャー作品過去最高の興行成績をたたき出すことになりました。

 

 

4.    ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー

http://marvel.disney.co.jp/movie/gog.html

 

幼くして地球から誘拐され、今や宇宙をまたにかけるトレジャーハンターとなったピーター・クイル(クリス・プラット)。とことん運がないくせに、自らを"スター・ロード"と名乗る男。そんな彼がある日、巨万の富を夢見て、パワーストーン<オーブ>を盗み出す。だが、銀河を滅亡させるほどの恐ろしい力を持つオーブを狙う悪党たちから追われる羽目に。それをきっかけに、危機また危機の冒険と、宇宙存亡を懸けた戦いに巻き込まれていく・・・。

 

マーベルコミックスの「Gardians of the Galaxy」を題材とした宇宙を舞台としたスーパーヒーロー映画。一日に劇場で二度同じ映画を観たのは今作が初めて。『ダークナイト』のようなシリアスなヒーローものではなく、明るくてコミカルでクスクス笑える作品。今まで観た映画の中で最高のオープニング、魅力爆発なキャラ達、文句無しのストーリー展開。興行収入も全世界で7億ドルを超え、主演のクリス・プラットは本作をきっかけにブレイク中。『インディ・ジョーンズ』のリブート版の主演候補として名前が挙がっているそうです。劇場字幕翻訳は当校の講師でもある林完治さんが担当、吹替翻訳は当社翻訳室で同じく当校の講師でもある佐藤恵子さんが担当しています。

 

 

3.    アバウトタイム

http://abouttime-movie.jp/

 

 イギリス南西部コーンウォールに住む青年ティム(ドーナル・グリーソン)は、両親と妹、そして伯父の5人家族。どんな天気でも、海辺でピクニックを、週末は野外映画上映を楽しむ。風変りだけど仲良し家族。そして迎えた21歳の誕生日、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父から知らされる。タイムトラベルを続けて人とは違う人生を送るティムだったが、やがて重大なことに気がついていく。どんな家族にも起こる不幸や波風は、あらゆる能力を使っても回避することは不可能なのだと。そして、迫られる人生最大の選択・・・。

 

 始めはただの恋愛映画かなと思って観ていたら段々と様子が変わってきて、この映画が伝えたいことに気付いた時には、良い意味で大きなショックを受けました。タイムトラベルを通じて主人公と一緒に人生とは何なのか・・ということを模索していく感じが面白い。終盤の展開には涙。テーマがテーマだけにやや重たい雰囲気になりがちだが、軽いノリで観てられるしユーモアのセンスが上品で抜群に良かったです。そして父親役のビル・ナイが最高。DVDが出たら定期的に観て自分を戒めようと思っています。

 

 

2.    インサイド・ルーウィン・デイヴィス

http://www.insidellewyndavis.jp/

 

 物語の舞台はまだマスコミやレコード会社などが発達していなかった1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。ライブハウスで歌うフォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィス(オスカー・アイザック)は、最近何をやっても裏目に出てばかり。一文無しで知り合いの家を泊まり歩く日々。つい手を出した女友達からは妊娠したことを告げられ、おまけに仕方なく預かるはめになった猫にも振り回される始末。山積みになったトラブルから逃げ出すようにルーウィンはギターと猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る。

 

 『ファーゴ』や『ビッグリボウスキ』等を手掛けたコーエン兄弟監督の最新作で、ボブ・ディランが憧れたデイヴ・ヴァン・ロンクというミュージシャンがルーウィン・デイヴィスのモデル。カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞。全体的にゆったりとしたテンポで進んでいくが、それが主人公の日頃のテンションを表しているかのようで心地よかったし入り込みやすかったです。そして歌が凄く良い。ルーウィン・デイヴィスがどういう人間なのかわかってきてから聞く彼の歌は半端じゃなく良かった。何度も何度も繰り返し観たくなるくらい自分にはハマりました。

 

 

1.    インターステラ―

http://wwws.warnerbros.co.jp/interstellar/

 

 地球の寿命が尽きかけていることを知った人類の物語。人類は存亡を懸け、そして愛する者の未来を守るために、新たな星を探すことを決意する。生きて帰れるかもわからない、重大な使命を担った宇宙への旅に選ばれたのは、まだ幼い子供をもつ父親だった。

 

 最高でした。スケールの大きな題材をこんなにも繊細に描き切ったからこそ出る主題やラストへの説得力。憶測をはるかに凌駕してあそこまで感動させてくれた映画はちょっと思い浮かばないです。初見ではわからない理系の話しがちょいちょい出てくるのですが、細かいところがわからなくても関係なく面白かったです。その後色々調べたりして、理解した上で観てみるとやっぱり面白かったのと、友達の付き添いもあったりしてIMAXシアターで1週間で3回も観てしまいました・・・。金銭面では大ダメージでしたがこれからもずっと大切にしたいと思える映画になりました。アカデミア事務局でも去年一番話題になった映画でした。ネタバレ厳禁の映画だと思うので、未見の方はあまり情報を入れずにご覧ください。

 

 

以上が私の2014年劇場公開映画マイベスト10になります。

 

観ていない作品があれば、授業やお仕事の合間にでも、ぜひぜひご覧ください。

 

皆さんのベスト10やオススメ映画も教えていただけたら嬉しいので、アカデミアで原を見かけたときにはお気軽に声を掛けてくださいね。

 

1