映像テクノアカデミア

Techno Voice スタッフが綴る公式ブログ

2018年7月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

【映像・広告】映像を創るって何だろう!

2015年4月 7日 13:40

映像を創るって何だろう、と自らに問いかけてみる----------

面白いから!楽しいから!見る人をドキドキさせられるから!

でも、苦しいし、しんどいし、頭が破裂しそうになるぐらい悩むし、それでも何がこんなに夢中にさせるのだろうか。

何日もかけてシナリオ(絵コンテ)を書きあげ、それを映像化するためにイマジネーションを膨らませて素材を撮り、スタジオにこもって編集、録音を行い、ようやく完成させた作品でも、映画なら2時間ほど、CMなら30秒、15秒とあっという間に流れてしまう。

どんなに悩んで時間をかけて撮ったカットでも34秒ぐらいで、さっと見ている人の前を通過してしまうものがある。

 

突然、話は変わるが"映像編集者を殺すには刃物は要らない、編集はうまいけど、面白くない"の一言で殺せる。

 どうしてだろう、時には編集技法を駆使し作品をうまく完成させてやろう、と思うにちがいないのに。それがうまいつなぎをやったら、"うまいけど面白くない"と言われたらかなりのショックだろう。

 なぜだろう、面白くないことは作品が未完成だと言われていることと同じように聞こえるのは。こんなに一生懸命うまくやろうとしたのに。

 

 また、突然、話が変わるが、先日5人の講師と18人の生徒を交えて数十本の短編映画の講評会を行った。その中で優秀作品に選ばれたのは、上手く仕上げた作品だったが、なかには荒削りでも良いからキラッと光るものがある作品が注目されたようだ。どちらかと言えばこの作品の方が見応えがあった。   

"荒削りでもよいが光るものがあれば良い"とするのは、まだプロにならない経験の浅い人たちだけが受け取る評価だろうか。必ずしもそうではないような気がするが。

 

このように、あちこちに話を飛ばして書いているのは、なんとなく、ここに映像を創るってなんだろう、という問いの答えの一端があるような気がしたからだ。

 

つまり、映像を創ることは、見る人の心の奥底に潜んでいるドキドキする感情をマグマのごときに溢れさせることではないだろうか。この溢れさせるものが乱暴であれば勢いも増すのかも知れない、と。

ただし、この乱暴さを計算して創りだすのがプロだと言えるのだろう。

 

 

 

【映像・広告】「5年後、メディアは稼げるか」佐々木紀彦(@東洋経済新報社)

2015年4月 1日 13:39

4月1日です。新入学・入社のみなさま

おめでとうございます。

 

そんな日に未来のことを考える本のご紹介。

201381日発行。現在、NEWSPICSの編集長をされている佐々木さんは

以前 東洋経済新報社で編集者をされていた。

その後、WEBの東洋経済オンラインの編集長に就任される。

201211月のこと。

そこで東洋経済オンラインのページヴューを

飛躍的に上げていった立役者でもある。

その佐々木さんがまさにその時にお書きになったのが本書である。

こういった本は旬の期間が短く、

出版されてから1年以上が経過しているのでどうなのかな?

と恐る恐る読んでみたら、むちゃむちゃ刺激的な文章が満載で度肝を抜かれた。

 

米国の事例をもとにメディア業界がどのように変化していくのか?

ということが詳細に描かれている。

佐々木さん自身が紙媒体の雑誌を作る場所にいらした方なので

その論はとても説得力をもっており、

新たなステージへ向かっての刺激に満ち満ちている。

 

インターネットの台頭でメディア業界がどのようになっていくのか?

がプラットホームとなるメディアのことからそこのコンテンツを

生み出していく人材のことにまで言及されている。

本書はメディア産業のこれからを担うすべての人が

読んだ方がいいのではないか?

 

メディアが変化するなかで、

自分たちの未来を相対化した視点で

人的資産もどのように変化していかないといけないか、が書かれている。

トップ数パーセントのクリエイターは変化する必要がない。

いまのスキルを維持していくだけでやっていける。

しかし、それ以外の多くのメディアに携わる人は変化していけなければいけない。

ということがとても良くわかる。

まず、高いスキルをいくつかのジャンルで持つことが重要である、ということ。

記者などはいくつかの専門ジャンルを持ち、自分で撮影もし、

コーディネートもする能力が問われてくる、

さらにはそこから企業や経営者と直接お話ができ

新たなビジネスを生み出そうと考える人材が

これからメディア産業で残っていくのだろう!と佐々木さんは断言する。

 

これを映像に置き換えると、企画構成インタビューをすることが出来、

ある程度自分でカメラを操作でき、その撮影素材を自ら編集して

完成させることのできるスキルがこれからの映像業界には求められてくるのだろう。

こうして文章を書いているように、

映像というメディアでも同じことをやる技術が求められる。

さらには、その上にいくつかの得意分野を持つことが

自らの価値を上げていくことにつながっていく。

そんなクリエイターがこれからたくさん必要とされてくるだろう。

 

私はそうした人材を育成し育てていかなければならない!と

強く思ったのだった。

そうしていけば、メディア業界の人材も生き残っていくことが出来るだろう。

本書にはそうした発見をさせてくれるヒントが詰まっている。

 

以下、本書から気になったところを抜粋した。

個人より会社→会社より個人

「起業家的ジャーナリズムにおいては、記者や編集者は、コンテンツクリエーターであり、プロデューサーであり、プログラマーであり、マーケターであり、そのすべてができなくてはいけない」

 

●次世代ジャーナリストの条件

 

条件1「媒体を使い分けるチカラ」

条件2「テクノロジーに関する造詣」

条件3「ビジネスに関する造詣」

条件4「万能性+最低3つの得意分野」

条件5「地域、国を越える力」

条件6「孤独に耐える力」=リーダーシップの本質

条件7「教養」

 

個人的には「孤独に耐える力」におおいに共感した。

 

(山下治城)

 

 

5nenngo.jpg

1