映像テクノアカデミア

  • 資料請求
  • 授業見学
  • 入学申込
  • アクセス

声優科|東北新社の学校だから力が身につく!
所属率は業界随一!

ホーム声優科 >コラボレーション特別授業/鈴木康夫ゼミ

コラボレーション特別授業

翻訳者と声優はパートナー

イメージ:コラボレーション特別授業

コラボレーション特別授業とは

洋画や海外ドラマを「映像翻訳科」Advanced Classの受講生が翻訳し、「声優科」の受講生がアフレコし、日本語吹替版を作りあげる2学科合同の特別授業。

<全体の流れ>

「翻訳」→「台本の推敲」→「練習」→「アフレコ」→「ダビング」→「試写会・講評会」

「翻訳」→「台本の推敲」→「練習」→「アフレコ」→「ダビング」→「試写会・講評会」

日本語吹替版がつくられる工程すべてを体験することができます。
また、アフレコはプロも収録しているスタジオを使用して行います。

実際のプロの収録現場では、アフレコ時に翻訳者が立ち会うことが多く、翻訳者や声優はディレクターを交え、台詞や演技について相談する姿がよく見かけられます。
翻訳された台本に書かれている“書き言葉”が、演じられ“話し言葉”になると、いろいろな問題が出てくるからです。

この台詞は意味が通じない・・・・いや、演技しにくい台詞だ・・・・このキャラクターはこんな言い方をするのかな?このシチュエーションで、こんな台詞を言うだろうか?翻訳は正しいのだろうけど、この台詞日本語になっているの?そんな演技のしかたじゃ、オリジナルの意味と全く違ってしまう・・・・彼女の芝居だと、この言葉の方が演じやすいんじゃない?・・・・この翻訳は正しいの? 画面の役者の表情を見ると、悲しんでいるんじゃないの? この台詞だと悲しみが出ない・・・・

目指せ!最高の日本語版!

合同で日本語吹替版をつくることにより、自分のパフォーマンスが日本語版制作の全体にどのように関係し、影響を与えているか。また、どのような重要性を持っているかを理解し実感することができます。

翻訳者は自分の作った台詞がイメージに合わないときや演技が違うときは遠慮せずに声優に伝え、声優は台本の解釈について、おかしい台詞について翻訳者に質問をする。
この特別授業の一番大きな目的は「映像翻訳者」と「声優」という立場の違う両者が、お互いの理解を深めることです。
それぞれのグループで今できる最高の日本語版を完成させましょう。

鈴木康夫ゼミ

当校の受講生を対象とした夏期特別プログラム

イメージ:コラボレーション特別授業声優の基本である発声ですが、正しい発声法身に付いていない人も多く見受けられます。「発声のマエストロ」鈴木康夫講師が、一人ひとりを分析し、正しい発声法へと導く少人数のゼミです。


上に戻る

【クラス紹介】声優養成所をお探しのみなさま

声優養成・声優学校でプロをめざすなら映像テクノアカデミア

映像テクノアカデミアの声優科では、演技基礎や発声などの基礎を学び、さらに吹替やナレーション実習・舞台公演などの実践も経験できます。
声優養成所として業界をリードする総合映像プロダクション「東北新社グループ」の完全バックアップにより、在学中に東北新社制作作品に出演することもできます。卒業後もプロクラスでさらに学ぶことが可能です。

さあ、
アカデミアに出かけよう

  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 奨学金制度もある 入学申込
  • 奨学金制度もある 入学申込
学校説明会やイベントも不定期で行っています。くわしくは各学科ページからご覧ください。