<a href="/instructor/">講師ラインナップ</a> 田原アルノ

講師ラインナップ

美しい日本語の世界遺産を身につけて!

田原アルノ

俳優/声優/アルノの会主宰/ムーブマン所属

東京芸術座附属演劇研究所2期生。声優として吹替、アニメーション、ナレーションの出演作品多数有り。俳優として舞台に立つと同時に演出家としての顔も持つ。また、「アルノの会」を主宰し「声の表現」について研究・研鑽を重ねている。

私は若い時から演劇が好きで、役者に成る為に色々なことをやりました。 劇団に入り、先輩達の演技を盗み、大道具、小道具を作り、徹夜で運搬車を運転して、 次の会場に移動し、舞台をセッティングして、午後から自分がそのステージで演じる と言う日々を送ってきました。

食事はコロッケをコッペパンに挟んだ物を、口の中に放り込み、(当時はカップラーメン等はなかった)ある時は運搬車の助手席で、ある時は舞台の袖で睡眠を貪るなんて、ごく当たり前の毎日でした。こんな苦労は、多分時代が違うから、ひょっとして皆さんは別な形での経験を積んでいるのかも知れません。

でも私のこの経験は、好むと好まざるとにかかわらず、今の私を形作っています。私は既に自分の人生の半分を演劇に費やして来ましたが、現在では、その経験、体験して来たことを少しでも後輩達(俳優・声優を目指す若者達)に、伝えたい気持ちで一杯です。私が、この映像テクノアカデミアで受け持っている授業は、ナレーションと、吹替が主で、これに加え、今まで俳優研修クラスの舞台を3回も指導して来ました。そして授業を通して皆さんに伝えたい事は......

自分は絶対俳優(声優)になるんだ! という強い信念を持って欲しい事です。例えば、ワンピースのルフィーが言う「海賊王にオレはなる!」という、逆境にあってもへこたれない強い信念です。夢と信念は絶対にあきらめては欲しくないのです。

次に、子どものような「なぜ?」「どうして?」という"好奇心"を忘れないことです!別の言い方をすると、俳優は「名探偵になれ!」という事です。台本に散りばめられた様々なセリフやト書きから、推理を働かせて、自分が演ずる人物像を活き活きと描き表現する。これがとても大事なことなのです。

inst_mess_01a_02.jpgそして"愛"を忘れるな!ですね。自分が愛するものであれば、誰に言われるまでもなくその対象をよく知りたいと思い、色々な行動を起こすでしょう?! 俳優・声優の仕事も同じなんです。私たちは人間だけでなく様々なものを演じます。動物、植物、石ころ、風などの自然現象......枚挙にいとまはありませんが、要は、表現者として日頃から"愛"を持って物事に接して欲しいと思います。

授業時間内でやれることには限りがあります。"自分で創意工夫する"俳優になってください。「芸は盗むもの」昔から言われていますが、今も生きている言葉です。本物をたくさん観て素晴らしい「芸」にふれて欲しいと思います。

最後に日本人の俳優として、"美しい日本語の世界遺産"とも言える、平家物語など「古典」を勉強してください。表現力豊かに凛とした声で語れるようになって欲しいからです。

【美しい日本語の世界遺産を身につけて!】声優養成所や俳優養成所をお探しのみなさま
映像テクノアカデミアの声優科では、演技基礎や発声などの基礎を学び、さらに吹替やナレーション実習・舞台公演などの実践も経験できます。
声優養成所・俳優養成所として業界をリードする総合映像プロダクション「東北新社グループ」の完全バックアップにより、在学中に東北新社制作作品に出演することもできます。卒業後もプロクラスでさらに学ぶことが可能です。