映像テクノアカデミア

  • 資料請求
  • 授業見学
  • 入学申込
  • アクセス

映像翻訳科|東北新社の学校だから力が身につく!
プロへの近道!

ホーム映像翻訳科 > 学科主任挨拶

学科主任挨拶

第一条件は覚悟です!

  • Profile

  • 【代表作】

    【劇場字幕】

    「ガールフレンド・エクスペリエンス」「沈黙の宿命 TRUE JUSTICE PART1」

    【字幕翻訳】

    「サブリナ」「めまい」「俺たちに明日はない」「シャレード」「フレンジー」(NHK)

    【字幕演出】

    「旅情」「ティファニーで朝食を」(NHK)

    【英文字幕演出】

    「DEATH NOTE」

映像テクノアカデミア 映像翻訳科 学科主任の鈴木 吉昭と申します。

字幕翻訳体験を行う時に、よく受講生の方に、複数回答も可という条件を付けて、なぜ映像翻訳に興味を持ったかを質問します。「英語が好きで興味を持った方?」「映画が好きで興味を持った方?」「海外ドラマが好きで興味を持った方?」実は私も本学科の卒業生で、私が勉強していた頃は、「映画が好きで興味を持った方」がダントツで1番多かったのですが、今は、よく「海外ドラマが好きで興味を持った方」が数を上回ります。

私事になりますが、2019年で、私がこの業界に入った、つまり、東北新社に入社して20年が経ちます。最初の10年は、字幕課のスタッフとして、翻訳を発注したり、上がってきた翻訳を演出したりすることを中心に、その後の10年は、映像テクノアカデミアに所属し、講師として、そして翻訳者として。

この20年間で変わったのは、受講生の傾向だけではありません。翻訳の仕方(ツールも、翻訳の内容も)、翻訳者に求められる資質(Q打ちもでき、調べ物ができる調査力など)が大きく変わりました。それを見つめ、対応してきた東北新社だからこそ、現在の映像翻訳者には、何が求められているのかが分かり、映像翻訳科の授業を通じて、受講生に教えることができるのです。

タイトルの“Welcome to the real world”は本校でも教鞭を執っている林 完治さんが字幕翻訳をされた“Matrix”の中でMorpheusが主人公のNeoに言う台詞です。

そこに私が続けます。

“We can show you how to get there.”

上に戻る

映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)にご興味のあるみなさま

映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)を学ぶなら映像テクノアカデミア

映像テクノアカデミアの映像翻訳科では、映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)のプロを目指す方のために、基礎から応用レベルまで第一線で活躍中の翻訳者が丁寧に指導いたします。またトライアル審査をクリアすると、東北新社から仕事が発注され、幅広い分野の映像翻訳の経験をつむことが可能です。

さあ、
アカデミアに出かけよう

  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 奨学金制度もある 入学申込
  • 奨学金制度もある 入学申込
学校説明会やイベントも不定期で行っています。くわしくは各学科ページからご覧ください。