映像テクノアカデミア

  • 資料請求
  • 授業見学
  • 入学申込
  • アクセス

映像翻訳科|東北新社の学校だから力が身につく!
プロへの近道!

ホーム映像翻訳科講師紹介 > 高橋 澄

私のきっかけ

高橋 澄 (株)東北新社/音響字幕制作事業部 演出部・字幕課 課長

代表作/[字幕演出]…「ゲーム・オブ・スローンズ」「ファーゴ」「スパルタカス」「冬のソナタ」「THE EVENT/イベント」「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」
[劇場字幕翻訳]…「人生スイッチ」「レイルロード・タイガー」「エクスペリメント」「キリング・ショット」 」「デッドマン・ダウン」「フランキー&アリス」
[字幕翻訳]…「トンイ」「マイケル・J・フォックスショー」「奇皇后」

私の記憶にある一番古い海外番組は「世界の料理ショー」です。見た時点で再放送だったかもしれませんが、広いキッチンで巨大な冷蔵庫から食材を取り出し、「ワインがないよ!」と軽快なトークで、次々に見たこともない料理を作っていく様子は子供の目にも、憧れの対象でした。
もちろん当時、吹き替え版を制作していたのが東北新社だとは全く知らず、つい最近また再放送していることに気づき、ウィキペディアで調べてみて初めて知りました。
現在自分が「世界の料理ショー」の吹き替え版を作っていた会社で、日本語版を作っているということに、不思議な縁を感じています。

私たちの部署は、現在在籍約30名。そのほとんどが映像テクノアカデミアの卒業生か、在校生です。どのような動機によって本校で映像翻訳を学ぼうと思ったかは、各人さまざまだと思います。ですが本校で学んだ経験と得た成績を活かして東北新社で毎日、日本語字幕を制作している人間が、我々の部署だけでもこれだけの人数がいます。
さらに我々の部署を巣立っていったフリーの翻訳者や、本校卒業後にフリー翻訳者として活躍されている方などを、第一期生から累計すると、どれだけの人数になるでしょう。

もちろんそこに至るまでの門は決して広いとは言えず、運や縁、チャンスをつかむ勇気や行動力も必要なのは確かですが、毎年毎年、新しい我々の仲間、新しい翻訳者を本校が生み出し続けているのも、歴とした事実です。

私は大学在学時に、東北新社が本校を開設予定という新聞の記事を読み、「劇場洋画の字幕翻訳者として自分の名前がスクリーンに出たら、格好いいなあ」というなんともミーハーな動機から、ダブルスクールとして本校の映像翻訳科に入学しました。(「ダブルスクール」も、格好いいなあと思っていました…。)

その後、本校への入学が縁となり東北新社に就職し、数多くの人生の先生や先輩たちの叱咤激励のお陰で、日本語版制作の仕事を続けてこられ、劇場洋画の字幕翻訳を初めて担当することができた時には、最初に夢を描いてから15年たっていました。今振り返ると、のんびりした性格の自分には、やはりそれくらいの年月が必要だったのだと思っています。
もちろん本校の卒業生の中には、卒業後まもなくプロとして仕事を始め、洋画ファンなら誰でも知っているような作品を翻訳し続けている方も多くいます。

夢を叶えてみせるという熱意の大きさと、それを持ち続けた期間を掛け合わせることで、どれだけ大きな夢が叶うかが決まると、ある本で読んだことがあります。
誰にでも「最初」はあります。
第一線で活躍される大勢の先生方から、実際に翻訳を教わってみませんか?

さあ、
アカデミアに出かけよう

  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 奨学金制度もある 入学申込
  • 奨学金制度もある 入学申込
学校説明会やイベントも不定期で行っています。くわしくは各学科ページからご覧ください。