映像テクノアカデミア

  • 資料請求
  • 授業見学
  • 入学申込
  • アクセス

映像翻訳科|映像翻訳のプロテストでプロへの第一歩を

ホーム映像翻訳科 > トライアル制度

トライアル制度
(映像翻訳のプロテスト)

海外映像コンテンツの日本語版制作で業界随一のシェアと歴史を誇る東北新社が、映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)のプロになる夢をバックアップします。

  • イメージ1 トライアル

  • 映像テクノアカデミアの「トライアル」とは、業界最大手である東北新社の音響字幕制作事業部が行う「翻訳者採用試験」のことです。この試験は毎年、春と秋、4月と10月に行っています。音響字幕制作事業部では他ではトライアルを行っていませんので、新人翻訳者が登録できる唯一の方法です。このトライアルは映像テクノアカデミア映像翻訳科の卒業生しか受験することはできません。

トライアル試験の流れ

  • AdvancedClass以上の受講
    アカデミアの集大成

  • 翻訳者採用試験
    期間はそれぞれ1週間

  • 合格後登録
    音響字幕制作事業部へ

  • 仕事を受注
     成績優秀者から順次

トライアル試験(翻訳者採用試験)の主な内容

映像翻訳科で教わったことが身についているかをはかる試験です。つまり、本学で勉強した「字幕」「吹替」」それぞれの分野で仕事を受ける実力が付いているかを判断するテストです。この2つの分野の翻訳を約2週間で仕上げて提出します。長さはそれぞれ10分程度になります。

試験資格と実施時期

3月修了生は4月に、10月修了生は10月に受験できます。受験できるのは、Advanced Class、大阪校字幕翻訳クラス、名古屋校字幕翻訳クラスの修了生です。各科修了直後、1回目のトライアルは無料で受験できます。修了生が再受験を希望する場合は、有料で受験が可能です。

東北新社の音響字幕制作事業部とは

このトライアルは映像テクノアカデミアが実施するのではありません。社内の別部署である東北新社の音響字幕制作事業部が行います。この音響字幕制作事業部とは外国映画やテレビ番組の日本語版を制作する部署です。この部署がクライアントから日本語版制作の仕事を受注し、翻訳者を決め翻訳を発注し、上がってきた翻訳に演出をかけ、アフレコ・編集をし、日本語版を完成させ、クライアントに納品します。トライアルでよい成績を取ると、この音響字幕制作事業部から翻訳が発注されます。つまり、翻訳者としてデビューできるわけです。この部署は日本で一番の作品量と質を誇っています。翻訳の仕事はたくさんあります。あとはあなたがそれを受けられる実力を身につけるだけです。

くわしくは東北新社のバックアップ体制へ

上に戻る

【トライアル】映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)にご興味のあるみなさま

映像テクノアカデミアの映像翻訳科では、映像翻訳(字幕翻訳・吹替翻訳)のプロを目指す方のために、基礎から応用レベルまで第一線で活躍中の翻訳者が丁寧に指導いたします。また、「Advanced Class」「Graduate Class」「Professional Class」修了者がトライアル審査をクリアすると、東北新社から仕事が発注され、幅広い分野の映像翻訳の経験をつむことが可能です。

さあ、
アカデミアに出かけよう

  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 今すぐもらえる 資料請求
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 技術も磨ける 授業見学
  • 奨学金制度もある 入学申込
  • 奨学金制度もある 入学申込
学校説明会やイベントも不定期で行っています。くわしくは各学科ページからご覧ください。